スポンサーリンク

弁護士に相続登記の依頼はできる?

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。

相続登記を専門家(士業)に依頼しようと考える方も多いと思います。
では、相続登記はどの士業に依頼すれば良いのでしょうか?

このページでは「弁護士に相続登記の依頼ができるのか」について解説いたします。

遺産相続を業務とする士業(専門家)

遺産相続を業務として行う士業は複数存在します。

具体的には、

・弁護士
・司法書士
・行政書士
・税理士

の4つがその代表格です。

それぞれ業務範囲(守備範囲)が異なる

では、なぜ4つの士業が遺産相続業務を行っているのでしょうか?
それは、各士業の業務範囲が異なるためです。

簡単に説明すると

・法律系=弁護士(司法書士・行政書士)
・税務系=税理士

と分けて考えることができます。

自分の依頼内容にあった専門家に相談する必要あり!

上記説明のとおり、各士業には専門範囲があります。

そのため、自分の依頼内容にあった専門家に相談する必要があります。
(法律のことは税理士の専門外、税務のことは弁護士等は専門外)

では、相続登記を弁護士に依頼することはできるのでしょうか?

相続登記=弁護士に依頼可能

さて、このページの本題です。

結論から申し上げますと「弁護士に相続登記の依頼は可能」です。
(後ほど、実務での取扱いについて解説しますが...)

相続登記=弁護士または司法書士が業務対応可能

先ほど「各士業には業務範囲が定められている」という説明をいたしました。

相続登記に関しては「弁護士・司法書士」が業務として行うことが認められています。
(反対に言えば「行政書士・税理士」には依頼不可ということ)

弁護士は法律系資格の最高峰の存在です。
そのため、法律系の中で最も広い業務範囲を有しています。

実務上の取扱いは?

ここまでの説明で「弁護士に相続登記を依頼可能」と説明しました。

この説明と矛盾するようですが、ここから実務での取扱いについて解説いたします。

登記業務を行っていない弁護士事務所も多い!

皆さまは「遺産相続における弁護士」について、どういったイメージをお持ちでしょうか?

一般的に「相続トラブル(争続)」をイメージされた方も多いと思います。

その通りです。
弁護士が遺産相続において活躍するのは「相続トラブル」の場面が多いと一般的には言われています。

「遺産相続における裁判手続き」は弁護士事務所の専門分野です。

反対に登記業務は行っていない事務所も多いというのが実際のところです。

規定上=相続登記可能:実務上=要問い合わせ

上記説明のとおり、弁護士事務所では登記業務を行っていないところも存在します。

・規定上(法律上の業務範囲)=相続登記にも対応可能
・実務上=事前に要問い合わせ(取り扱っていない可能性もあり)

となります。

弁護士に依頼をお考えの場合は、事前に質問しておくと良いでしょう。

弁護士事務所内に司法書士がいることも

法律事務所の中では「司法書士を雇用している・グループ内に司法書士がいる」といったケースがあります。
(私の知り合いの司法書士にも、弁護士事務所に勤めている方がいらっしゃいます。)

この場合には、当該弁護士事務所で何ら問題なく相続登記を処理してくれるでしょう。

司法書士を紹介されることも多い!

相続登記を行っていない弁護士事務所では、登記業務に関しては「司法書士」を紹介されることが多いです。

(実際に私自身も、弁護士の先生から「相続登記のお客様のご紹介」をいただくケースは数多くあります。)

・提携している司法書士を紹介される
→その司法書士が相続登記を担当する

まとめ

ここまで「弁護士に相続登記の依頼は可能か」について解説しました。
このページを参考に、今後の相続登記にお役立てください。

・弁護士は相続登記を受任可能(規定上)
・実際は各弁護士事務所に要お問合せ
(登記業務を行っていない場合がある)


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ