スポンサーリンク


代襲相続と遺留分について

(代襲相続の前提知識)
代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。

(遺留分の前提知識)
遺留分は、配偶者・子(卑属=下の世代)・親(尊属=上の世代)のみです。
兄弟姉妹には遺留分はありません。


代襲相続と遺留分は混同しやすく、勘違いされる方が多い論点です。
代襲相続により、相続人となった人は遺留分を有するのでしょうか?

そして、代襲相続と遺留分の問題が勘違いされることが多い理由として、「代襲相続は2種類ある」ということが挙げられます。

代襲相続の種類によって、遺留分の結論が真逆になります。
このページでは、代襲相続と遺留分について解説いたします。

子(直系卑属)の代襲相続するときの遺留分について

【一つ目:子(直系卑属)の代襲相続。結論=遺留分あり】

祖父が亡くなる前に相続人(子)が死亡しているとき、子の子(孫)が代襲相続により相続人になります。

子(直系卑属)の代襲相続では、先に死亡した相続人(子)に遺留分がありますので、孫は遺留分を引き継ぎます。

よって、孫は代襲相続により遺留分を有することになります。

兄弟姉妹の代襲相続するときの遺留分について

【もう一つの代襲相続:兄弟姉妹の代襲相続。結論=遺留分なし】

被相続人に子(孫)がいない、親が既に亡くなっている時は兄弟姉妹が相続人となります。

被相続人が死亡する前に兄弟姉妹の中で既に亡くなっている方がいるときは、死亡している兄弟姉妹の子が相続する権利を持ちます。
この事例が兄弟姉妹の代襲相続です。

元々、兄弟姉妹には遺留分はありません。遺留分を持たない兄弟姉妹の代襲相続では、代襲相続人は遺留分を持つことはありません。

子(直系卑属)=もともと遺留分あり・兄弟姉妹=もともと遺留分なし

代襲相続と遺留分については、代襲相続が発生する前に本来であれば相続人となる人の遺留分に注目しましょう。

子(直系卑属)には遺留分があります。
=代襲相続のときでも遺留分は引き継がれる

兄弟姉妹には遺留分はない。
=代襲相続のときには当然遺留分はない

以上が、代襲相続と遺留分の解説です。

【代襲相続と遺留分まとめ】
・子には遺留分があり、兄弟姉妹には遺留分がない。
・代襲相続には2種類ある。
・子(直系卑属)の代襲相続では代襲相続人(孫)は遺留分を持つ。
・兄弟姉妹の代襲相続では代襲相続人(兄弟姉妹の子)に遺留分はない。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ