スポンサーリンク


同時死亡の推定(相続)とは?

複数の者に相続が発生した場合は、相続が発生した順序によって法律関係が大きく変わってきます。具体的には、相続人の構成が変わってきます。

ここで、問題となるのは事故等により複数の方が死亡した場合にどちらが先に死亡したのか不明の場合の取扱いです。

民法は、このような場合に備えて「同時死亡の推定」という規定を設けております。

このページでは、同時死亡の推定を紹介いたします。

同時死亡の推定が働く場面とは?

まず、同時死亡の推定がはたらく具体例について考えてみましょう。

飛行機事故で死亡した場合や、自動車事故で同乗していた複数の方が死亡した場合などで、どちらが先に死亡したのか不明な場合が「同時死亡の推定」に該当します。

なお、交通事故において2名が亡くなった場合、病院に搬送されて死亡の先後がはっきりするケースでは、同時死亡の推定はありません。

発見された際には既に死亡していたケースなどが同時死亡の推定に該当することとなります。

同時死亡の推定が働くときの相続関係について

次に、同時死亡の推定が働く場合の相続関係について解説いたします。

同時死亡の推定の効果は、文字通り同時に死亡したと推定されることです。

同時死亡の推定の効果1:同時死亡者同士は相互に相続しない!

同時死亡の推定によってどのような相続関係が起きるのかというと、同時死亡したと推定される者同士は、相互に相続は発生しません。

すなわち、父Aと娘Bに同時死亡の推定が働く場合は、父Aの遺産を娘Bは相続しませんし、娘Bの遺産を父Aは相続しないということです。(同時死亡の推定は相互に相続は発生しない)

同時死亡の推定の効果2:遺言書を書いているとき→遺贈の効力は発生しない!

また、父Aが娘へ遺贈させる遺言を残していた場合であっても、同時死亡の推定があるときは遺贈の効力は生じません。

これは、被相続人の死亡時には相続人は生存していなければならないという「同時存在の原則」があるためです。

同時死亡の推定があるときは、同時存在の原則にはあてはまならいとされています。

同時死亡の推定と代襲相続について

ただし、同時死亡の推定の場合、代襲相続が発生する可能性はございます。

代襲相続とは、被相続人の死亡以前に相続人が死亡してしまった場合の相続方法です。

先ほどの同時死亡の推定がはたらくケースで考えてみましょう。

仮に娘Bに子供Cがいた場合、父Aの相続において、Cは相続人となります。

Aの相続において、CはBを代襲して相続するということです。

以上が、同時死亡の推定と相続ついての解説です。

【同時死亡の推定のまとめ】
・死亡の前後が不明のときは同時死亡の推定がはたらく
・同時死亡の推定のとき、相互に相続は発生しない
・同時死亡の推定のとき、代襲相続は発生する


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ