養子縁組後に生まれた子は代襲相続人となる?

遺産相続の場面で相続人となる人物は、法律により決まっています。
これを「法定相続人」といいます。

法定相続人の判断が難しい場面があります。
代襲相続はその代表例です。
さらに養子縁組まで絡むと更に事例が複雑になります。

養子縁組後に生まれた子は代襲相続人となるのでしょうか?

このページでは「養子縁組後に生まれた子と代襲相続」について解説いたします。

養子縁組の効果とは?

まずはじめに養子縁組について簡単に説明いたします。

養子縁組をすることによって「養親・養子」の間には親子関係が発生します。
これは血縁上の繋がりとは関係なく、法律上は親子と扱われるのです。

養子は第一順位の相続人

遺産相続の場面で故人に子がいる場合、子は第一順位の相続人となります。

子は「実子(血のつながりのある子)・養子」の2種類があります。
しかし、法律上は両者を区別しておりません。

互いに等しく「子」としての身分を持つのです。

したがって、養子は養親の遺産相続に関して法定相続人となります。

代襲相続とは?

次に代襲相続についても簡単に説明いたします。

代襲相続とは、

・故人死亡以前に本来相続人となるべき人が死亡している
・このとき、当該人物の子(故人の孫など)が代襲相続人になる

という制度です。

具体例を挙げると、

・祖父A死亡前に子Bが亡くなっている
・この場合、子Bの子C(Aの孫)が代襲相続人となる

ということです。

養子が先に死亡している場合も有り得る

「養親・養子」の関係において、養子の方が先に死亡しているということがあります。

この場合、養親の遺産相続では誰が法定相続人となるのでしょうか?
亡養子の子供が代襲相続をするのでしょうか?

この問題は少しややこしい論点です。

・養子縁組前に生まれて子
・養子縁組後に生まれた子

この違いによって、代襲相続人となるか結論が分かれるのです。

結論:養子縁組後に生まれた子は代襲相続できる

さて、このページの本題です。

結論から申し上げますと、養子縁組後に生まれた子は代襲相続人となります
(養子である親を代襲して相続権を取得するということです。)

以下、具体例をもとに解説いたします。

具体例:養子縁組後出生の子と代襲相続

【基本事例】
・故人A(2018年死亡)
・AとCは養子縁組をした(2015年)
・相続人:実子B、養子C
・養子Cは既に亡くなっている(2017年)
・養子Cには子Dがいる(2016年出生)

というケースを想定してください。

時系列にすると、

1.AC間で養子縁組をした(2015年)

2.Dが生まれる(2016年)

3.養子Cの死亡(2017年)

4.養親Aの死亡(2018年)

という流れです。

Dは養子縁組後に出生した子

本事例では、AC間での養子縁組の後にDが生まれています。

したがって、Dは「養子縁組後に生まれた子」ということになります。

養子Cが先に死亡:代襲相続が問題となる場面

故人Aには「実子B、養子C」と2人の子がいます。
そのため、通常であれば2人が法定相続人となる事例です。

ただ、今回は養子Cが親Aよりも先に死亡しています。
これは代襲相続の発生を考慮する必要がある場面です。

養子縁組後の子:代襲相続人となる

先ほど「養子縁組後出生の子は代襲相続人となる」と説明いたしました。

したがって、今回は養子Cの「子D」が代襲相続人となります。
結果として、今回の法定相続人は「実子B・孫D(養子Cの子)」となるのです。

Dは故人Aの孫の身分を持っている

「養親A・養子C」は養子縁組により親子関係となりました。

両者には、血縁上のつながりはありません。
また、養子Cの子Dに関しても養親Aとの血縁関係はありません。

ただ、直接の血縁関係はなくとも、今回の「A・D」の関係は「祖父母・孫」の関係となります。

養子縁組後に生まれた子に関しては、孫としての身分を持つのです。

故人の孫=故人の直系卑属に該当

代襲相続人となる条件のひとつに「故人の直系卑属に該当すること」という条件があります。

直系卑属というのは「下の世代(子・孫など)」とご理解いただければ結構です。

上記説明のとおり、養子縁組後に生まれた子は「孫」の身分を持ちます。
孫というのは「直系卑属(下の世代)」に該当します。

したがって、養子縁組後に生まれた子は代襲相続人となるのです。

まとめ

ここまで「養子縁組後に生まれた子の代襲相続権」について解説いたしました。
代襲相続人になるという結論を覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・養子縁組により法律上の親子関係が成立する
・養子が先に死亡=代襲相続の場面
・養子縁組後に生まれた子は代襲相続人となる
・養子縁組後に生まれた子=孫の身分を持つ(直系卑属に該当)


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ