原本還付処理はコピー全部に必要??

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。

相続登記を申請する際には、法務局に「戸籍謄本・印鑑証明書」といった資料原本を提出します。
これらの書類原本は「原本還付」という制度を利用して手続完了後に原本の返却を受けることができます。

では、原本還付処理はコピー全部にする必要があるのでしょうか?

このページでは「原本還付処理はコピー全部に必要なのか?」について解説いたします。

原本還付という制度の概要

まずはじめに「原本還付」という制度の概要について簡単に説明いたします。

相続登記申請時には法務局に「戸籍謄本・印鑑証明書」といった書類原本を提出します。
書類は必ず原本です。

原則は、提出した書類原本は返ってきません。(法務局に出しっぱなし)

戸籍謄本等は何枚も必要になってしまう...

相続手続きは不動産のほかに「銀行預金」などもあると思います。

相続登記において書類原本が返ってこないとなると、どうなるでしょうか?
「戸籍謄本・印鑑証明書」といった書類を何通も余分に取得しなければなりません。

これは費用も手間も掛かってしまいます。

相続登記には原本還付という制度がある

このような不便を解消するため、登記手続きには「原本還付」という制度があります。

この制度は、

・登記申請時に書類原本+コピーを提出
→それにより、手続完了後に書類原本が返却される

というものです。

その結果、1通の書類を複数の手続きに使いまわすことができるという利点があります。
また、遺産相続の書類原本を手元に保管できるという利点もあります。(法務局に持って行かれない)

原本還付処理について

さきほど原本還付を利用するには「登記申請時に書類原本+コピーを提出」と説明しました。

実はただ単にコピーを提出したのみでは原本還付とはなりません。
コピーを取るほかに「原本還付処理」というものが必要になるのです。

原本還付書類の詳しい方法は下記ページにて解説しておりますのでご参照ください。
【原本還付処理のやり方とは??】

原本還付処理はコピー全部に必要??

さて、このページの本題です。

原本還付処理とは、コピーに

・原本に相違ありません
・申請人の住所および氏名
・押印

を行うことです。

原本還付処理はコピー全部に必要なのでしょうか??

「先頭の1枚のみ原本還付処理+割印」でOK

結論から申し上げますと「コピー全部について原本還付処理は必要」となります。
答えは「必要」です。

ただし、コピー全ページに

・原本に相違ありません
・申請人の住所および氏名
・押印

といった処理を行う必要はありません。

・先頭の1枚のみ原本還付の文言を入れる
・2枚目以降は割印を行う

の方法が簡単でしょう。
以下、具体例で紹介します。

効率の良い原本還付の方法

原本還付処理2ページ目

上記図のとおり1枚目には「原本還付の文言・住所氏名・押印」をしてください。
その後の2ページ目以降は割印でつないでいくと良いでしょう。

割印をすることで、2ページ目以降にも原本還付処理の効力が及びます
全てのページに「原本還付の文言・住所氏名・押印」は大変なので楽をしてください。

相続登記において原本還付書類ができる書類

最後に相続登記において原本還付処理ができる書類について解説いたします。

相続登記では大半の書類について原本還付の適用を受けることができます。

・戸籍謄本、原戸籍、除籍
・住民票
・印鑑証明書
・固定資産評価証明書
・遺産分割協議書

といった代表的書類はすべて原本還付を受けることができます。

まとめ

ここまで「原本還付書類は全ページに必要か」について解説いたしました。
効率の良い原本還付処理方法を学んでいただき、今後の登記申請にお役立てください。

・原本還付処理はコピーすべてに必要
・ただし全頁に「原本還付文言を入れる」のは大変
・1ページ目のみ原本還付文言入れる+割印が便利


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ