戸籍謄本の原本還付はできる?(相続登記)

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。
相続登記申請の際には戸籍謄本等の必要書類を管轄の法務局に提出します。

では、手続き完了後に戸籍謄本の原本はどうなるのでしょうか?
登記完了後には原本が返却されるのでしょうか?

このページでは「戸籍謄本の原本還付の可否(相続登記)」について解説いたします。

原本還付という制度

不動産登記申請には原本還付という制度があります。
これは、登記申請時に「書類原本+書類コピー」を一緒に提出することで、手続き完了後に書類原本の返却を受けることができるというものです。

戸籍謄本も原本還付できる

相続登記も原本還付の対象です。

相続登記において申請する戸籍謄本は原本還付を受けることができる書類です。
そのため、戸籍謄本の原本返却を希望する場合には、原本還付の申出が必要となります。

原本還付のやり方

原本還付のやり方については以下のページにて詳細を解説しております。
【原本還付の方法について解説ページ】

簡単に説明すると

・原本を提出
・コピーも一緒に提出(コピーに対して原本還付処理を行う)

によって、原本還付の適用を受けることができます。

戸籍謄本の原本還付の方法は特殊!

ただ、ここでひとつ注意点があります。
それは、戸籍謄本の原本還付の方法が他の書類と若干異なるという点です。

以下、戸籍謄本における原本還付のやり方について説明いたします。

戸籍謄本はコピーを取らなくてもOK!

戸籍謄本における原本還付の特殊な点は「そもそもコピーを取らなくても原本還付できる」という点です。

通常の書類(たとえば印鑑証明書)の原本還付方法は、

・書類コピーをとり原本還付処理を行う
・原本とコピーを一緒に提出する

というものです。
しかし、戸籍謄本の原本還付については簡略化が認められています。

相続関係説明図を作成すれば原本還付できる!

戸籍謄本(原戸籍・除籍)については、いちいち全部のコピーを取る必要はありません。
書類の量も多く、コピーを取るだけで大変な作業だと思います。

コピーを取る代わりに「相続関係説明図」という書類を作成してください。
相続関係説明図とは簡単に言えば「家系図」のようなものです。

家族関係を線でつないだ図を作り、誰が不動産を相続するのかを記載した書類が相続関係説明図です。

以下に相続関係説明図の書式・ひな形ページへのリンクを貼っておきます。
【相続関係説明図の書式・ひな形】

相続関係説明図+戸籍謄本原本でOK!

相続登記における戸籍謄本は、

・相続関係説明図を作成
・戸籍謄本の原本+相続関係説明図を提出

といった簡単な方法で原本還付を受けることができます。

なお、これは戸籍謄本にのみ認められる特例です。
そのため、戸籍謄本以外の書類は原則どおりの原本還付処理が必要となります。

通常の原本還付の方法でも申請可能!

ここまで読み進めていただいた方の中には、

・既に戸籍謄本全部のコピーを取ってしまっている
・相続関係説明図を作るのが面倒、分からない...

という方もいらっしゃると思います。
そのような方は、戸籍謄本についても通常どおりの原本還付申出が可能です。

あくまでも「相続関係説明図を使った方法」は一例です。
そのため、原則どおりの原本還付方法でも当然に申請は受理されます。

まとめ

ここまで「戸籍謄本の原本還付(相続登記)」について解説してきました。
このページの内容を参考に、今後の相続登記にお役立てください。

・戸籍謄本の原本還付はできる
・戸籍謄本の原本還付は簡略化されている
・相続関係説明図を作成する方法がある
・相続関係説明図を作成→戸籍コピーを取らなくてもOK!


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ