スポンサーリンク


限定承認のメリット・デメリットとは?

相続が発生したときに取るべき方法として「限定承認」という相続方法があります。

相続が発生し、被相続人の遺産のうち資産が多いのか借金が多いのか不明な場合、限定承認という方法が有効です。

限定承認という制度は専門的で馴染みも薄く、とてもわかりづらいです。
限定承認は一度すると撤回ができなくなるため、限定承認のメリット・デメリットの両面を考え慎重に判断することが必要です。

このページでは、限定承認のメリット・デメリットについて解説いたします。

限定承認とは

まず限定承認の前提知識として、限定承認の基礎知識についておさらいです。

限定承認とは、相続によって得た財産の範囲内で被相続人の借金を支払うという条件付きの相続をすることです。

限定承認のメリットについて

【限定承認のメリット1】
被相続人の遺産のうち資産と借金どちらが多いのか不明な場合に、相続人の財産を守ることができるというメリットがある。

限定承認のメリットとして相続人は自分が相続する財産を超えて借金を相続しないという点がございます。

相続が発生したとき、「おそらく資産の方が多いだろう・・」と見切り発車で単純承認をしてしまうのはとてもリスクが高いことです。
単純承認により全借金を相続してしまうからです。

限定承認をした場合は、自分が相続する財産を超えて借金は相続しませんので、相続人の今後の生活を守ることができます。

また、限定承認をしたとき、実際に資産の方が多かった場合には手元に相続財産を残すことができます。

【限定承認のメリット2】
自宅を残すことができるというメリットがある。

相続放棄をしてしまうと自宅の相続をすることができません。その結果自宅を明け渡さなければなりません。

自宅を残したいという方は相続放棄をしてしまうと自宅を失う結果になってしまうのです。
被相続人の借金が多いけれども自宅は残したいという方には限定承認を利用するメリットがあります。

このケースでは、他の相続人全員に相続放棄をしてもらい、自分が限定承認をすることで自宅を明け渡さずに済みます。

限定承認のデメリットについて

【限定承認のデメリット1】
相続人全員で限定承認しなければならない。

限定承認のデメリットとして相続人全員で限定承認しなければならないという点があります。相続放棄とは違い単独で限定承認はできないのです。

そのため、誰かひとりでも反対者がいれば限定承認は不可能になるというデメリットがあります。他の相続人に事情を説明し納得していただく必要がございます。

【限定承認のデメリット2】
譲渡所得税の納税が必要

限定承認をする場合には、税金が発生します。
限定承認した場合、相続発生日に時価で譲渡があったとみなされ、譲渡所得税が課税されます。譲渡所得税は、被相続人の債務とされ、準確定申告が必要となります。

以上が限定承認のメリット・デメリットとなります。

【限定承認のメリット・デメリット:まとめ】
・限定承認という相続方法がある。
・資産と債務どちらが多いのか不明なときは限定承認が有効。
・限定承認のメリット・デメリット両面から、慎重な判断が必要。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ