スポンサーリンク

限定承認のメリット・デメリットとは?

相続が発生した際には「限定承認」という選択肢があります。

被相続人の遺産のうち資産が多いのか借金が多いのか不明な場合、限定承認という方法が有効です。
ただ、限定承認という制度は専門的で馴染みも薄く、とてもわかりづらいです。

限定承認は一度すると撤回ができなくなるため、限定承認のメリット・デメリットの両面を考え慎重に判断することが必要です。

このページでは、限定承認のメリット・デメリットについて解説いたします。

限定承認とは

まず前提知識として、限定承認の基礎知識について説明いたします。

限定承認とは、

・相続によって得た財産の範囲内で
・被相続人の借金を支払うという

条件付きの相続を指します。

・資産>負債のとき:差額相当額を取得できる
・負債>資産のとき:債務を相続するのは限定的

(取得した財産の範囲内で借金を支払えばOK)

となります。

限定承認のメリットについて

限定承認のメリットは、

・相続人を借金の不安から守ることができる
・自宅を残すことができる

という点が挙げられます。

以下、詳しく解説いたします。

限定承認のメリット1:資産額を超える借金を相続しない

被相続人の遺産のうち資産と借金どちらが多いのか不明な場合は、決断が大変悩ましいものです。

このような場合、限定承認を利用することで相続人の財産・生活を守ることができるというメリットがあります。

限定承認のメリットとして、相続人は自分が相続する財産を超えて借金を相続しないという点がございます。

見切り発車での単純承認はリスクあり

相続が発生したとき、「おそらく資産の方が多いだろう・・」と見切り発車で単純承認をしてしまうのはとてもリスクが高いことです。

単純承認により全借金も相続してしまうからです。
もし仮に「借金>資産」であった場合には、相続人のその後の生活が破たんしてしまいます。

限定承認:承継する資産の範囲内で債務を引き継ぐ

限定承認は「相続する財産の範囲内」でしか借金を承継しません。
そのため「借金>資産」の場合でも、相続人のその後の生活を守ることができるのです。

また、負債より資産の方が多かった場合には、限定承認により手元に相続財産を残すことができます。

限定承認のメリット2:自宅を残すことができる

また、限定承認には「自宅を残すことができる」というメリットがあります。

【基本事例:自宅が故人である親Aの名義】
というケースを想定してください。

この場合、相続放棄をした場合はどうなるのでしょう?

相続を放棄した結果、当然ながら自宅を相続することができません。
結果として、自宅を明け渡さなければなりません。

このように、自宅を残したいという方は相続放棄をしてしまうと自宅を失う結果になってしまうのです。

限定承認で自宅を承継可能になる

「被相続人の借金が多いけれども自宅は残したい…」

という方は、限定承認を利用するメリットがあります。

このケースでは、他の相続人全員に相続放棄をしてもらい、自分が限定承認をすることで自宅を明け渡さずに済みます。

限定承認のデメリットについて

ここまで限定承認の利点について説明いたしました。
ただ、現状として限定承認はほとんど利用されていない制度です。

その背景にある限定承認のデメリット・難点について解説いたします。

限定承認のデメリット1:全員で足並みを揃える必要あり

限定承認のデメリットとして相続人全員で限定承認しなければならないという点があります。

相続放棄とは異なり、相続人の1人が単独で限定承認することはできないのです。

そのため、誰かひとりでも反対者がいれば限定承認は不可能になってしまいます。

・他の相続人に事情を説明し納得していただく必要がある
・そのための労力を要する

といった難点があります。

限定承認のデメリット2:税金の問題

限定承認には税金の問題もあります。それは譲渡所得税です。

限定承認をする場合には、税金が発生します。
限定承認した場合、相続発生日に時価で譲渡があったとみなされ、譲渡所得税が課税されるのです。

譲渡所得税は、被相続人の債務とされ、準確定申告が必要となります。

まとめ

ここまで限定承認のメリット・デメリットについて解説いたしました。
このページの内容を参考に、今後の遺産相続にお役立てください。

・限定承認という相続方法がある
・資産と債務どちらが多いのか不明なときは限定承認が有効
・限定承認:債務から逃れられる、自宅を守ることができる
・その反面、面倒な点も存在する
・限定承認のメリット・デメリット両面から、慎重な判断が必要


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ