スポンサーリンク


ゴルフ会員権の相続とは?

被相続人がゴルフ会員権を所有していた場合には、ゴルフ会員権も相続財産に含まれます。したがって、ゴルフ会員権の相続手続きが必要です。

このページでは、ゴルフ会員権の相続について解説します。

ゴルフ会員権の相続は2パターン

ゴルフ会員権の相続は以下の2つのパターンを選択することになります。

1.代表相続人がゴルフ会員権の名義書き換えをして会員になる。
2.ゴルフ会員権を売却する。

1.ゴルフ会員権を代表相続人が相続(名義書き換え)

ゴルフ会員権を相続人が相続する場合には、代表相続人へのゴルフ会員権の名義書き換えが必要となります。

ゴルフ会員権の名義書き換えの際には、戸籍や印鑑証明書などの書類を用意して、ゴルフ場に名義書き換えの申請をします。

なお、ゴルフ会員権の名義書き換えをするときは、名義書き換え料が発生します。

相続による名義書き換えの場合は、通常の半額又は割引が適用されるゴルフ場が多いようです。

料金については、該当のゴルフ場に確認しておくと良いでしょう。

ゴルフ会員権の相続税の評価金額について

(ゴルフ会員権の評価金額:相続税)
ゴルフ会員権は相続税の対象財産です。

ゴルフ会員権は市場の取引価格の70%にあたる金額が相続税算出時の評価額となります。

※1000万円で市場取引されているゴルフ会員権は700万円となります。

2.ゴルフ会員権を売却するケース

ご自身がゴルフをされない場合は、ゴルフ会員権を売却される方が多いです。

ゴルフ会員権を売却する場合は、ゴルフ会員権業者を通じて売却手続きを進めることが一般的です。

ゴルフ会員権を売却するとき、更に2パターンに分かれます。

1.被相続人名義のままゴルフ会員権を売却できるパターン

2.一度、代表相続人に名義変更してからゴルフ会員権を売却するパターン

取扱いはゴルフ場により異なります。ゴルフ場へお問い合わせください。

ゴルフ会員権の売却後の税金について

(ゴルフ会員権売却後の税金について)
ゴルフ会員権を売却し利益が出た場合には、所得税の申告が必要です。

※1000万円で購入していたゴルフ会員権を2000万円で売却したとき、利益に対して税金がかかるということです。

※相続税申告期限から3年以内にゴルフ会員権を売却する場合、税金の軽減特例があります。

ゴルフ会員権売却までのゴルフ会員権の年会費

ゴルフ会員権の売却が決まるまでの期間、年会費については免除又は割引してくれるゴルフ場があります。年会費について、ゴルフ場に問い合わせてみてください。

以上が、ゴルフ会員権の相続の解説です。

≪ゴルフ会員権の相続税評価の解説はこちら≫

【まとめ:ゴルフ会員権の相続】
・ゴルフ会員権の相続は2パターン。
・1つ目は、代表相続人にゴルフ会員権の名義書き換えする。
・2つ目は、ゴルフ会員権を売却するパターン


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ