東久留米市の遺産相続手続きを司法書士が代行

東久留米市の相続手続き

ひとりで相続手続きの悩み・心配を抱え込んでいませんか?

こんにちは。
相続手続き専門司法書士の椎名秀樹(しいなひでき)と申します。
東京・池袋にて日本みらいと司法書士事務所を運営しています。

当事務所は池袋に事務所を構えております。
そのため、東久留米市(西武池袋線沿線)の方から遺産相続のご相談を数多くいただいております。

このページがきっかけとなり、より多くの「東久留米市の皆様」のお役に立てますことを心より願っております。

それではまず、実際にご利用をいただいたお客様の声ををご覧下さい。

東久留米市ほかのお客様の声

東久留米市の司法書士相談50代男性からのご相談

父が他界した時、何をどうしたら良いのか全く途方に暮れました。
とにかく、インターネットで手段を探そうと思いました。そして椎名先生の笑顔に出会いました。

その笑顔は単に優しいのではなく、自信と実力に裏付けられた笑顔だということが良くわかりました。
「この先生にお願いしてみよう」と、この時に思いました。

実際にお願いしてみると、手続が信じられない程スムーズに進み、やはりお願いして良かったと大変感謝しております。

先生の事務所が通勤の途中にあったこともお願いする理由のひとつでしたが、これはあまり関係ありませんでした。
郵送と、ごく簡単な手続きだけで済んだからです。

後に分かったことですが、弁理士や弁護士の先生も近くで仕事をなされているとのことで、やはり頼りがいのある先生だと思いました。

ありがとうございました。


以上、東久留米市のお客様の感想をご紹介いたしました。
これからもお客様一人ひとりの声に真摯に耳を傾け、地域の皆様のお役に立てるよう一生懸命頑張ります。

東久留米市の皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

お客様解決事例のご紹介:東久留米市在住の方のご依頼

これより先は、当事務所にて担当させていただいた東久留米市のお客様の相続解決事例をご紹介します。

今回は、不動産の名義変更の事例です。

司法書士に相談する前のお客様の状況

今回担当したお客様は「東京都東久留米市の40代男性」の方です。

20年以上前にご依頼者さまのお父様がお亡くなりになったそうです。
東久留米市の自宅(土地・建物)がお父様の所有でした。

当時、預貯金等の手続きは済ませたものの、不動産の名義はそのままにしていたそうです。

固定資産税等の不動産にかかる税金はきちんと支払っていました。
ただ、名義変更の手続きに関してはずるずると放置していたようです。

お父様の相続人は、

・お母様(奥様:東久留米市在住)
・ご長男様(お母様と同居:ご依頼者さま)
・弟さま(東久留米市在住:別世帯)

という状況で、3人とも近所に住んでおり関係は良好です。

今回、お母様が高齢になってきたことから「不動産の名義問題」もすっきりさせたいと思ったそうです。

お母様が高齢であるため、不動産名義は子供世代に移すことになったそうです。
今後の管理の観点から、長男であるご依頼者さまが不動産取得者となることが決定したとのこと。

手続きはご長男様が行うと決定

家族での話し合いの結果、不動産名義を取得するご依頼者さまが今回の手続きを担当することとなりました。

はじめの段階から「不動産名義変更は司法書士に依頼する」方向で家族で話していたそうです。
ただ、知り合い・親族の中に司法書士という存在はいませんでした。

そのため、これからご依頼者さまが司法書士を探すということで決定したようです。
司法書士の選定については、長男であるご依頼者さまに一任があったとのこと。

早速ご依頼者様はインターネットを使って専門家を検索し始めました。
その際、偶然にも当事務所のホームページを訪問されたそうです。

私の経歴・実績等の興味を持っていただき、ご連絡をいただきました。

金曜日の夕方にご連絡をいただき、翌々日の日曜日に事務所にて面談を行う約束をいたしました。

面談の様子

日曜日の面談は大変スムーズに進行いたしました。

もともと皆様で「不動産は長男名義とする」と合意していたことも良い点です。
また、不動産に関する資料一式をお持ちいただき、司法書士としても状況をすぐに把握できました。

面談時にて「不動産相続登記の流れ・必要書類・費用」についてご案内いたしました。

ご依頼者様はとても優しい方で、私としても大変話しやすかったです。
私の仕事方針にご納得いただき、面談当日その場で手続きの依頼をいただきました。

以降、不動産の手続きは当事務所にて担当する運びとなりました。

その後の進捗状況

相続手続きを進めるにあたって、まず必要なのが書類集めです。
「戸籍謄本・印鑑証明書・固定資産評価証明書」といった書類が必要になります。

ご依頼者様は、現時点ではまだ何も書類取得をしていないとのこと。
司法書士にて代理取得可能な書類がある旨をお伝えし、各必要書類は当事務所にて取得する運びとなりました。

東久留米市役所に郵送で戸籍謄本等を請求します。

また、お父様のご実家は「茨城県」にありました。
そのため、幼少期の戸籍謄本について茨城の各役所に請求をいたしました。

相続書類の作成・郵送

ご依頼後約2週間で、無事に全ての必要書類が揃いました。
書類が揃ったところで、司法書士にて相続書類の作成に入ります。

当事務所にて

・遺産分割協議書(不動産を長男が相続するという内容)
・相続登記用の委任状

を作成し、ご依頼者さまに郵送いたしました。

「ご依頼者様とお母様は同居・弟様は近所に住んでいる」という状況だったので、全員分の書類をまとめてご依頼者さまに郵送いたしました。週末に全員に署名捺印をもらってくれるとのこと。

書類発送から約10日後、無事に署名捺印いただいた書類をご返送いただきました。

不動産名義変更(相続登記)の申請

皆さまから書類返送をいただき、全ての手続き書類が揃いました。
これでやっと、名義変更の申請に入れます。

司法書士にて相続登記申請書を作成し、東久留米市の管轄法務局に提出いたしました。

申請後約1週間で、無事に手続きは完了いたしました。

無事に全ての手続き完了!!

はじめて私にご連絡をいただいてから約1か月半後、不動産の相続手続きが完了いたしました。

権利証等の完了書類一式をご自宅に書留で郵送し、司法書士としても業務を終えました。

今回は当事者の皆様のご協力もあり、手続きは大変スムーズに進行いたしました。
家族仲も良好で、円満な遺産相続に終わり大変良かったです。

「20年前に亡くなったお父様の相続登記」は「亡くなった後すぐに行う相続登記」と比較して難易度が高いです。
(このような事例では特殊な追加書類が必要となるため)

そのため、早い段階で司法書士にご相談いただき大変よかったです。

ご依頼者さまも「椎名さんに相談して良かった・懸念材料だった不動産名義の問題がすっきりして良かった」と仰っておりました。

相続登記は、ずるずると何年も放置している方も少なくありません。

この場合、

・後々に手続きをするとき労力、時間、費用が余分にかかる
・放置していると子供世代に負担がかかる

といったデメリットがあるため、私たち専門家は「早めに手続きを済ませましょう」と推奨しています。

今回、「20年近く名義変更をしていなかったなか手続きを進めようとご決断いただいたこと」は大変素晴らしいことです。

この機会に司法書士としてお役に立てましたことを大変嬉しく思います。
今後もお付き合いを継続し、司法書士としてお役に立てれば幸いです。

以上が、東久留米市のお客様の相続手続き解決事例のご紹介でした。
ご自身の抱えている状況と近い状況がありましたら、ご参考にしてください。

お客様にしていただいたこと

1.当事務所が作成した書類への押印

司法書士が代行したこと

1.必要書類の取得(戸籍謄本ほか)
2.各種相続書類の作成
3.不動産名義変更の申請
ほか全ての諸手続き

司法書士が遺産相続の手続きを代行いたします!

東久留米市対応の相続名義変更

東久留米市への出張相談に対応

当事務所は東久留米市からアクセスの良い「池袋」にあります。
基本的には、事務所での面談を予定しておりますが、お客様の事情によっては外出が難しいということもあると思います。

そのような場合は「出張相談」をご利用ください。

当事務所では「司法書士による出張相談(ご自宅など)」にも対応しております。

東久留米市のご自宅(喫茶店)など、お客さまご指定の場所まで司法書士がお伺いすることも可能ですので遠慮なくお申し付けください。


東久留米市の皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ