スポンサーリンク

法定相続分とは?どういう割合になるの?

相続発生時に、誰が相続人になるのかは法律で規定されています。

また、相続人の相続分(割合)についても法律で規定されており、各人の相続分のことを「法定相続分」とよびます。

法定相続分はどのような割合となるのでしょうか?
このページでは、法定相続分の割合について解説いたします。

法定相続分の基本ルール

法定相続分は基本的なルールが決まっています。
それを覚えれば、様々な場面に応用できると思います。

以下、法定相続分(割合)の基本ルールについて解説いたします。

配偶者と子(第1順位相続人)=1:1の割合

まず「配偶者・子」が相続人となる事例について解説いたします。

配偶者と第1順位(子)が相続人のときは、「配偶者:子=1:1」の割合で相続分を分けます。

・配偶者と子供1人のとき
→2分の1が各人の法定相続分となる

子が複数人いる場合の計算方法

また、子が複数いるときは「2分の1(法定相続分)」を子の頭数で割ります。

・配偶者と子供2人のとき
→配偶者=2分の1、子A=4分の1、子B=4分の1が法定相続分

配偶者と親(第2順位相続人)=2:1の割合

次に「配偶者・第2順位相続人(親)」が相続人に該当するケースを解説いたします。

故人の子(孫)がいない場合は、親が相続権を取得します。
この場合の法定相続分は「配偶者:親=2:1」の割合となります。

・配偶者と親1人存命のとき
→配偶者=3分の2、親=3分の1が法定相続分となる

両親がともに存命である場合には「3分の1(法定相続分)」を2人で分け合います。

・配偶者と両親が存命のとき
→配偶者3分の2、父親=6分の1、母親=6分の1が法定相続分

配偶者と兄弟姉妹(第3順位相続人)=3:1の割合

最後に兄弟姉妹が相続人となるケースについて解説いたします。

故人の親族構成が「子(孫)がいない・両親が既に他界」という場合には、兄弟姉妹(甥・姪)が相続権を取得します。

この場合の法定相続分は「配偶者:兄弟姉妹(甥・姪)=3:1」となります。

・配偶者と兄弟姉妹1人が相続人
→配偶者=4分の3、兄弟姉妹=4分の1が法定相続分

兄弟姉妹が複数いるときは、「4分の1(法定相続分)」を人数で割ります。

・配偶者と兄弟姉妹2人が相続人
→配偶者4分の3、兄弟姉妹A=8分の1、兄弟姉妹B=8分の1

具体例:各人が取得する法定相続分

ここまで、法定相続分についての基本的な考え方を説明いたしました。

以下、具体例をもとに法定相続分について解説していきます。

法定相続分の例:相続人=配偶者・子供3人のケース

「配偶者・子供が3人」が相続人となるケースを考えてみましょう。

この場合は、

・配偶者=2分の1
・子供A=6分の1
・子供B=6分の1
・子供C=6分の1

が法定相続分となります。

配偶者と子供の相続割合=1:1です。

子供3人の相続分については「2分の1」を3人で分けます。
よって、一人当たり6分の1になるのです。

子供Aが既に亡くなっている。孫がいる場合

上記ケースをもとに、少し複雑な事例について説明します。

・「子供A」が故人より先に死亡している
・Aには子が2人いる(故人の孫)
(孫D、孫E)

という事例を想定してください。

この場合は、

・配偶者=2分の1
・孫D=12分の1
・孫E=12分の1

・子供B=6分の1
・子供C=6分の1

が法定相続分となります。

本来「子供A」が取得するはずであった相続権は孫たちが取得します。
これを代襲相続といいます。

孫2人で「子供Aの相続分=6分の1」を分け合います。
したがって、孫2人は「12分の1ずつ」相続分を取得するのです。

法定相続分の例:相続人=配偶者・両親2人のケース

次に、配偶者と両親が相続人となるケースについて考えてみましょう。

この場合は、

・配偶者=3分の2
・父親=6分の1
・母親=6分の1

が法定相続分となります。

配偶者と両親の相続割合=2:1です。

両親の相続分については「3分の1」を2人で分けます。
よって、一人当たり6分の1になります。

法定相続分の例:相続人=配偶者・兄弟姉妹3人のケース

最後に「配偶者と兄弟姉妹が3人いる場合」の法定相続分について考えてみましょう。

この場合は、

・配偶者=4分の3
・兄A=12分の1
・兄B=12分の1
・姉C=12分の1

が法定相続分となります。

配偶者と兄弟姉妹の相続割合=3:1です。
兄弟姉妹の相続分については「4分の1」を3人で分けます。
よって、一人当たり12分の1になります。

兄Aが既に亡くなっている。子(甥・姪)がいる場合

上記ケースをもとに、少し複雑な事例について説明します。

・「兄A」が故人より先に死亡している
・Aには子が2人いる(故人の甥姪)
(甥D、姪E)

という事例を想定してください。

この場合は、

・配偶者=4分の3
・甥D=24分の1
・姪E=24分の1

・兄B=12分の1
・姉C=12分の1

が法定相続分となります。

本来「兄A」が取得するはずであった相続権は甥・姪が取得します。
これを代襲相続といいます。

甥姪2人で「兄Aの相続分=12分の1」を分け合います。
したがって、2人は「24分の1ずつ」相続分を取得するのです。

まとめ

ここまで法定相続分についての解説いたしました。
法定相続分に関する基本ルールを覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・相続分の規定は法律で決まっている(法定相続分)
・相続人の構成によって相続分は異なる


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ