スポンサーリンク


法定相続分とは?どういう割合になるの?

相続が発生したとき、誰が相続人になるのかは法律で規定されています。
≪法定相続人についての解説はこちら≫


また、相続人の相続分(割合)についても法律で規定されています。

このページでは、法定相続分について解説いたします。

法定相続分についての考え方を紹介します

法定相続分は基本的なルールが決まっています。
それを覚えれば、様々な場面に応用できると思います。

配偶者と第1順位相続人=1:1の割合

配偶者と第1順位相続人(子)が相続人のとき
=1:1の割合で相続分を分けます。

例:
配偶者と子供1人のとき:半分ずつ相続分を持つ
配偶者と子供2人のとき:配偶者=2分の1、子供A=4分の1、子供B=4分の1

配偶者と第2順位相続人=2:1の割合

配偶者と第2順位相続人(親)が相続人のとき
=2:1の割合で相続分を分けます。

例:
配偶者と親1人のとき:配偶者=3分の2、親=3分の1
配偶者と両親ともに健在のとき:配偶者3分の2、父親=6分の1、母親=6分の1

配偶者と第3順位相続人=1:1の割合

配偶者と第3順位相続人(兄弟姉妹)が相続人のとき
=3:1の割合で相続分を分けます。

例:
配偶者と兄弟姉妹1人のとき:配偶者=4分の3、兄弟姉妹=4分の1
配偶者と兄弟姉妹2人のとき:配偶者4分の3、兄弟姉妹A=8分の1、兄弟姉妹B=8分の1

以上が、法定相続分についての基本的な考え方です。
これから、具体例をもとに法定相続分について解説していきます。

法定相続分についての具体例を紹介します

法定相続分の例:相続人=配偶者・子供3人のケース

被相続人に配偶者と子供が3人いる場合の法定相続分についてです。

この場合は、
配偶者=2分の1
子供 =各6分の1
が法定相続分となります。

配偶者と子供の相続割合=1:1です。
子供3人の相続分については、2分の1を3人で分けます。
よって、一人当たり6分の1になります。

法定相続分の例:相続人=配偶者・両親2人のケース

被相続人に配偶者と両親が2人とも健在の場合の法定相続分についてです。

この場合は、
配偶者=3分の2
子供 =各6分の1
が法定相続分となります。

配偶者と両親の相続割合=2:1です。
両親の相続分については、3分の1を2人で分けます。
よって、一人当たり6分の1になります。

法定相続分の例:相続人=配偶者・兄弟姉妹3人のケース

被相続人に配偶者と兄弟姉妹が3人いる場合の法定相続分についてです。

この場合は、
配偶者=4分の3
子供 =各12分の1
が法定相続分となります。

配偶者と兄弟姉妹の相続割合=3:1です。
兄弟姉妹の相続分については、4分の1を3人で分けます。
よって、一人当たり12分の1になります。

以上が、法定相続分についての解説です。

【法定相続分について:まとめ】
・相続分の規定は、法律で決まっている。
・相続人の構成によって、相続分は異なる


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ