スポンサーリンク


相続書類の不動産の正しい記述方法

相続登記・相続手続きに必要な書類を作成する際には、不動産の正確な書き方を知っておく必要がございます。

不動産(土地、家、マンション)については、不動産の謄本のとおりに正確に記述することが必要です。

不動産の記述を間違えてしまうと、せっかく書類を作成した苦労が水の泡になってしまいます。

このページでは、不動産の正しい書き方・記述方法を紹介いたします。

不動産の正しい記述方法・書き方を紹介します

不動産(土地)の記述方法・書き方
所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡

不動産(建物)の記述方法・書き方(一戸建て)
所在 練馬区練馬○丁目 ○○番地○○
家屋番号 ○○番○の〇
種類 居宅
構造 木造スレート葺2階建
床面積 1階 ○○.○○㎡ 2階 ○○.○○㎡

不動産(建物)の記述方法・書き方(マンション)

一棟の建物の表示
所在 板橋区板橋○丁目 ○○番地○○
建物の名称 ○○マンション
専有部分の建物の表示
家屋番号 板橋○丁目 〇〇番○の〇
建物の名称 〇〇〇
種類 居宅
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造1階建
床面積 〇階部分 ○○.○○㎡
敷地権の目的である土地の表示
土地の符号 1
所在及び地番 板橋区板橋○丁目○○番○○
地目 宅地
地積 ○○○.○○㎡

一般的な不動産の記述方法・書き方は上記のとおりです。

ご自身で、相続書類を作成し不動産を記述する際の不動産の正しい書き方・記述方法としてお役立てください。

不動産の情報を記述するときは、登記簿謄本を見ながら正確に

不動産の情報は登記簿謄本に記載されています。

登記簿謄本は法務局にて取得することが出来ます。(郵送でも取得可)
(遠方の不動産であっても最寄りの法務局で取得できます。)

毎年郵送で届く「固定資産税の納税通知書」にも不動産の情報は載っていますが、、、
私たち専門家は登記簿謄本を取って、登記簿通りに不動産を記述するようにしています。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ