スポンサーリンク


不動産の正しい記述・書き方(遺産相続書類)

相続手続きを進めていくにあたって、「遺産分割協議書」など様々な相続書類の作成が必要になります。

その際には「不動産の書き方」について注意が必要です。

故人の遺産に不動産が含まれるというケースは大変多いと思います。

「自己流で書いてしまい後になって修正..」
なんて面倒なことにならないように、この機会に不動産の正しい記述方法について知っておきましょう。

このページでは、不動産の正しい書き方・記述方法を解説いたします。

不動産には決まった書き方がある!

不動産(土地、家、マンション)は、登記簿謄本にならって正確に記述することが求められます。

不動産の書き方・内容を間違えてしまうと、せっかく書類を作成した苦労が水の泡になってしまいます。

【よくある間違い】
単純に「○○市の自宅」のような書き方は財産が特定できないので良い書き方とはいえません。

土地であれば「所在・地番など」
建物であれば「家屋番号など」

不動産を特定できるように記述してください。

まず法務局で登記簿謄本の取得から

不動産の記述は「登記簿謄本のとおり」に書きます。

そのため、相続書類を作成する前にまず登記簿謄本を取得することが必要です。

登記簿謄本は法務局にて取得することが出来ます。(郵送でも取得可)
(遠方の不動産であっても最寄りの法務局で取得できます。)

不動産の情報を記述するときは、登記簿謄本を見ながら正確に

毎年郵送で届く「固定資産税の納税通知書」にも不動産の情報は載っています。

ですが、登記簿謄本の方が情報量が多いです。
私たち専門家は登記簿謄本を取って、登記簿通りに不動産を記述するようにしています。

皆さんも同じようにまずは登記簿謄本を取得することをお勧めします。

不動産の正しい記述方法・書き方

ここから実際に不動産の正しい記述方法について紹介いたします。

1.土地
2.建物(戸建)
3.マンション

それぞれの書き方を紹介します。

土地の記述方法・書き方

所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡

登記簿謄本に記載されているとおり、上記の情報を盛り込んでください。

建物の記述方法・書き方(一戸建て)

所在 練馬区練馬○丁目 ○○番地○○
家屋番号 ○○番○の〇
種類 居宅
構造 木造スレート葺2階建
床面積 1階 ○○.○○㎡ 2階 ○○.○○㎡

マンションの記述方法・書き方

一棟の建物の表示
所在 板橋区板橋○丁目 ○○番地○○
建物の名称 ○○マンション
専有部分の建物の表示
家屋番号 板橋○丁目 〇〇番○の〇
建物の名称 〇〇〇
種類 居宅
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造1階建
床面積 〇階部分 ○○.○○㎡
敷地権の目的である土地の表示
土地の符号 1
所在及び地番 板橋区板橋○丁目○○番○○
地目 宅地
地積 ○○○.○○㎡
敷地権の種類 所有権
敷地権の割合 5558分の73

持分所有のときは、持分割合の記述も入れた方が良い!

上記で説明した各不動産(土地・家・マンション)の書き方は単独所有の場合の書き方です。

故人が不動産を単独所有しているのではなく、「土地の持分2分の1」のように誰かと共有のケースもあると思います。

このような場合には「持分割合」も記述しておく方がよいです。

Aさん死亡:土地2分の1を所有していたとき

【具体的事例:土地の記述の仕方】
Aさんが死亡。
土地2分の1がAさん名義

所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡
A持分 2分の1

このように最後に持分記載を入れるようにしてください。

まとめ

ここまで不動産の記述方法・書き方について解説いたしました。
ご自身で、相続書類を作成する際の不動産の正しい書き方・記述方法としてお役立てください。

・不動産は登記簿謄本のとおり正確に記載
・持分所有のときは「持分割合」も書く


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ