スポンサーリンク


異母兄弟(異父・腹違い)の相続権・相続分

相続において、相続人と相続分は法律により定められています。
(法定相続人・法定相続分)

相続人は、以下の順位で決まります。
1.子(孫)
2.親(祖父母)
3.兄弟姉妹

異母兄弟(異父・腹違い)がいるときの相続関係について

子がいない・親も他界している場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続する権利を持つことになります。

兄弟姉妹が相続するケースにおいて、異母兄弟(腹違いの兄弟)が存在するケースが稀にございます。

・異母兄弟(異父・腹違い)は相続権を持つのでしょうか??
・異母兄弟の相続分は他の兄弟姉妹と同じ??違う??

このページでは、異母兄弟(異父・腹違い)の相続権・相続分について解説します。

異母兄弟(異父・腹違い)の相続権の有無について

【そもそも、異母兄弟(異父・腹違い)は相続人になるの??】

異母兄弟の相続について具体例を挙げて解説いたします。

事例:池袋美雪に相続が発生。兄弟姉妹(両親同じ妹・異母兄弟)がいる。

相続分(異母兄弟)

上記の例で「被相続人池袋美雪」には、両親を同じくする兄弟姉妹(妹)・異母兄弟の兄弟姉妹(兄)がいます。

・両親が同じ兄弟姉妹を「全血の兄弟姉妹」といいます。
・異母兄弟の兄弟姉妹を「半血の兄弟姉妹」といいます。

被相続人に子がいない・両親が他界しているケースでは兄弟姉妹が相続人になります。

兄弟姉妹は全血であろうと半血であろうと相続人になります。
よって、「異母兄弟の兄も相続人になる」というのが結論になります。

異母兄弟(異父・腹違い)の相続分について

【異母兄弟(異父・腹違い)の相続分は?】

先ほど、兄弟であれば異母兄弟でも相続権があるということを解説いたしました。

しかし、全血の兄弟姉妹(両親を同じくする兄弟姉妹)と半血の兄弟姉妹(異母兄弟の兄弟姉妹)とでは、相続する割合(法定相続分)が異なります。

異母兄弟(異父・腹違い)の相続分は、両親が同じ兄弟姉妹の半分と決められています。

上記の例でいえば相続分は以下のようになります。

両親同じ兄弟姉妹(妹)の相続分 =3分の2
異母兄弟(異父・腹違い)の相続分=3分の1

以上が異母兄弟(異父・腹違い)の相続権・相続分の解説です。

【まとめ:異母兄弟(異父・腹違い)の相続権・相続分】
・兄弟姉妹が相続人となるとき、異母兄弟(異父・腹違い)も相続人になる。
・異母兄弟(異父・腹違い)の相続分は、両親同じ兄弟姉妹と比較して半分。


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ