スポンサーリンク


遺産分割と不動産(土地・建物)について

遺産相続が発生すると「遺産分割協議」という相続人全員の話し合いで遺産の分割方法を決めていくことになります。

多くの遺産分割の場合に登場するのが不動産(土地・建物)です。
不動産はどのように遺産分割すればよいのでしょうか?

このページでは遺産分割と不動産(土地・建物)について解説いたします。

不動産と遺産分割

相続が発生すると各相続人は法定相続分を持ちます。
預金や現金については分割しやすい遺産ですので、「長男2分の1・次男2分の1」というように分けて遺産分割することも多いです。

ただ、不動産について法定相続分の通りに遺産分割する(不動産を相続人で共有名義にする)のは、あまり多くありません。

・引き続き不動産(家)に居住する相続人が不動産を相続する
・誰か一人の名義に遺産分割する
・相続した不動産を売却し、代金を相続人で分割する
といったケースが多いです。

不動産の遺産分割の方法・種類

遺産分割には主に3種類あり、それぞれの状況に応じて最適な遺産分割方法を選択する事が大切です。

【不動産の遺産分割1:現物分割】
現物分割とは、遺産をそのままのかたち(現物)で分割する方法です。例えば「板橋区の不動産(現物)は長男が相続する」と決定する方法です。

これは、もっとも一般的な方法とされており、多くの遺産分割協議は、現物分割の方法となります。

【不動産の遺産分割2:換価分割】
相続した不動産を誰も使用しない、売却したいときに使われる遺産分割の方法です。

換価分割とは、不動産を売却し現金化(換価)した後、換価した現金を相続人に分配するという分割方法です。
相続不動産を使わない・不動産しか遺産が無い場合には、換価分割という遺産分割方法が取られます。

【不動産の遺産分割3:代償分割】
代償分割とは、特定の相続人が不動産を相続する代わりに、遺産を取得しない相続人に金銭等(代償)を支払うという内容の遺産分割方法です。

例えば、自宅の不動産は長男が相続する。長男は次男に対して代償として金100万円を支払うというのが代償分割です。
自宅(不動産)しか遺産が無い場合には、この代償分割が利用されます。

遺産分割の際の不動産評価

「代償分割」による遺産分割を選択した場合、「不動産を相続する人」は「不動産を相続しない相続人」へ代償金の支払いが必要になってきます。

このとき、不動産の評価金額には注意が必要です。
不動産の金額によって代償金の金額が変わってくるからです。

「実勢価格」、「公示価格」、「路線価」、「固定資産税評価額」など不動産の評価基準は複数あります。
相続人の話し合いで不動産の評価金額を決めても問題ありませんが、不動産の価値を算定したいときには不動産鑑定などを依頼するのも一つの対応策です。

以上が、遺産分割と不動産(土地・家)についての解説です。

【遺産分割と不動産(土地・建物):まとめ】
・遺産分割において不動産は誰か一人の名義にすることが多い
・遺産分割方法は数種類あり、事例に応じて選択が必要
・不動産の価格算定には注意が必要


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ