スポンサーリンク


遺産分割と預金について

相続財産については「遺産分割協議」という相続人全員の話し合いで遺産相続の分割方法を決めていくことになります。


相続が発生したとき、必ずと言ってよいほど相続財産に含まれているのは預金です。
各相続人は、銀行に対して預金の払い戻しを請求する権利があります。

では、各相続人は、預金はすぐに引き出せるのでしょうか?
それとも、遺産分割をしないと預金を引き出せないのでしょうか?

このページでは、遺産分割と預金について解説いたします。

預金の法的性質

「預金」は現金等の他の遺産とは法的性質が異なります。

預金を管理しているのは銀行であり、相続人は預金について銀行へ払戻しを請求する権利を持ちます。(預金の払戻請求権)

すなわち、預金は金銭債権(預金債権)ということになります。

預金についての判例の立場は
「預金などの金銭債権は、相続開始によって当然に分割され、各相続人は相続分に応じて金銭債権を取得する。」
とされています。

具体例:
死亡者A(預金1000万円あり)
相続人BとC

相続人B・Cは、相続開始によって遺産分割しなくても各500万円の預金の払戻請求権を取得するということ。

それでは、各相続人は遺産分割することなく相続発生後すぐに自分の分の預金を引き出せるのでしょうか?

相続実務:銀行での対応

銀行は「自分の相続分だけすぐに払い戻す」ことには応じてくれません。

「各相続人は、預金の払戻請求権を遺産分割しなくても当然に取得する」
という上記で説明した判例はあるのですが、一部の相続人からの払戻の請求には応じてくれません。

銀行が払戻しに応じない理由としては「相続トラブルに巻き込まれたくない」という思いがあります。

相続人の1人に払戻後、他の相続人から抗議されることも考えられます。
銀行としても相続トラブルに巻き込まれないように、相続人全員の同意書や遺産分割協議書が無いと預金を引き出せないという対応を取っているのです。

預金を引き出すためには遺産分割が必要?

預金については判例上は「相続開始と同時に相続分に応じて各相続人が預金債権を取得する」という立場です。

ですので、理屈上は遺産分割の対象にならないはずです・・・
ただ、実務的には遺産分割の対象とすることが一般的です。

預金の払戻しを受けるときは「遺産分割前・遺産分割後」によって方法が異なります。遺産分割前であっても預金の引き出しは可能です。

預金を引き出したいときには、
「誰がどの割合で預金を相続するのか(遺産分割後)」
又は
「一旦、代表相続人として預金全額を預かる人(遺産分割前)」
を決める必要があります。

遺産分割が整った場合には、遺産分割協議書を銀行へ提出することが求められます。
また、遺産分割前であっても「一旦、代表して預金を預かる人」を決めれば預金を引き出せます。

銀行には、相続人全員の署名押印(実印)のある「遺産分割協議書」又は「同意書」を提出することになります。


以上が遺産分割と預金についての解説です。

【遺産分割と預金:まとめ】
・銀行は「自分の相続分の預金のみ」の払い戻しには応じない
・遺産分割協議書や同意書の提出が必要


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ