スポンサーリンク


遺産分割の種類:現物分割・換価分割・代償分割とは

相続が発生した場合は、相続人全員が遺産分割協議を行うことが必要です。
遺産分割には主に三種類(現物分割・換価分割・代償分割)の方法があり、それぞれの状況に応じて最適な方法を選ぶ必要がございます。

このページでは、遺産分割の種類(現物分割・換価分割・代償分割)について紹介いたします。

現物分割・換価分割・代償分割という遺産分割の方法があります

遺産分割には、下記の3つの方法がございます。
・現物分割
・換価分割
・代償分割

どの遺産分割方法を選んでいただいても問題ありませんが、それぞれ場面に応じて使い分けるのが一般的です。ひとつひとつ確認していきましょう。

1.現物分割について

現物分割とは、遺産をそのままのかたち(現物)で分割する方法です。例えば、豊島区の不動産(現物)は長男Aが相続する。○○銀行の預貯金(現物)は次男Bが相続すると決定する方法です。

これは、もっとも一般的な方法とされており、多くの遺産分割協議は、現物分割の方法となります。

2.換価分割について

換価分割とは、遺産を売却し現金化(換価)した後、換価した現金を相続人に分配するという分割方法です。

具体的には、不動産を売却して、換価した売却代金を相続人で分配するという方法が換価分割です。

換価分割の方法を取る場合は、不動産しか遺産が無い場合・自動車しか遺産が無い場合等となります。

なお、不動産について換価分割をするときは換価する前提として一度相続人名義に相続登記(名義変更)する必要がございます。

しかし、相続人全員の名義にすると手続きが大変になるため、便宜、相続人のうちの一人に相続登記(名義変更)をすることが一般的です。

3.代償分割について

代償分割とは、特定の相続人が遺産を相続する代わりに、財産を取得しない相続人に金銭等(代償)を支払うという内容の分割方法です。

例えば、自宅と○○株式会社の株式は長男Aが相続する。Aは次男Bに対して代償として金100万円を支払うというのが代償分割です。

自宅しか遺産が無い場合・被相続人が社長を務める会社の株式を後継者が全て引き継ぐ場合などには、この代償分割が利用されます。

以上が、遺産分割の書類(現物分割・換価分割・代償分割)の解説です。

【遺産分割の種類(現物分割・換価分割・代償分割):まとめ】
・遺産をそのまま分割→現物分割
・遺産を売却し代金を分ける→換価分割
・特定の相続人が相続し他の人に代償金を支払う→代償分割


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ