スポンサーリンク


遺産分割協議書(代償分割)の書式、ひな形、書き方

故人に相続が発生したときは、相続人全員で遺産相続についての話し合いが必要です。この協議のことを遺産分割協議といいます。

現行の制度では遺産分割の方法は

1.現物分割
2.換価分割
3.代償分割

と3種類あります。

今回扱うテーマは「代償分割」についてです。

遺産分割協議において代償分割の方法をとったとき

特定の相続人が遺産を相続する代わりに、遺産を取得しない相続人に対して金銭を支払うという内容の遺産分割協議をすることができます。

このような内容の遺産分割を代償分割といいます。

相続人のうち特定人に全財産を承継させる場合の、当事者間での利益調整のためにこのような方法がとられます。

遺産分割協議が整った場合は、遺産分割協議書を作成しましょう。

遺産分割協議書の書式も「代償分割特有のもの」が必要になります。

ここから遺産分割協議書(代償分割)の書き方・雛形・書式を紹介いたします。

遺産分割協議書(代償分割)の書式・ひな形を紹介します

遺産分割協議書

1.被相続人板橋太郎(平成○○年○月○日死亡)の後記相続財産について、板橋洋子、豊島弘子及び練馬恭子は相続人たる地位に基づいて遺産分割協議を行い、次のとおり決定した。

なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。

2.被相続人の表示
被相続人 板橋 太郎
本籍 東京都板橋区板橋○○番地
最後の住所地 東京都板橋区板橋○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 平成○○年○月○日

3.相続人の表示
・東京都板橋区板橋○丁目○番○号 板橋 洋子
・東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 弘子
・東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 恭子

第1条 板橋 洋子は、次の遺産を相続する。

不動産の表示

一棟の建物の表示
所在 板橋区○丁目 ○○番地○○
建物の名称 ○○マンション
専有部分の建物の表示
家屋番号 ○丁目 〇〇番○の〇
建物の名称 〇〇〇
種類 居宅
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造1階建
床面積 〇階部分 ○○.○○㎡
敷地権の目的である土地の表示
土地の符号 1
所在及び地番 板橋区○丁目○○番○○
地目 宅地
地積 ○○○.○○㎡

預貯金の表示
株式会社○○銀行 池袋支店 普通預金 口座番号○○○○○○○

第2条 板橋洋子は、前条の遺産を取得する代償として、豊島弘子へ金○○万円、練馬恭子に対して金○○万円を平成○○年○月○日限り支払うものとする。

以上のとおり遺産分割協議が成立したので、これを証するため本遺産分割協議書を作成し、署名押印の上、所持する。

平成○○年○月○日

東京都板橋区板橋○丁目○番○号 板橋 洋子 (実印)

東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 弘子 (実印)

東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 恭子 (実印)

以上が代償分割による遺産分割協議書の書き方・雛形・書式となります。

以下、書類作成の際のポイントを解説いたします。

遺産分割協議書(代償分割)の作成方法

代償金の支払い
これこそが最も重要な部分です。

代償金の支払いの記載がなければ、普通の遺産分割協議書(現物分割)になってしまいます。
遺産分割協議書には、代償金の支払い項目は必須ということを覚えておいてください。

上記の例では「第2条」の

板橋洋子は、前条の遺産を取得する代償として、豊島弘子へ金○○万円、練馬恭子に対して金○○万円を平成○○年○月○日限り支払うものとする。

という箇所が代償分割特有の記載となります。

なお、支払い期限については
「○月○日まで」という書き方ではなく「○月○日限り」とした方がよいと思います。

まとめ

ここまで「遺産分割協議書(代償分割)の書式・ひな形」を紹介してきました。

代償金の支払い項目が必須であるということを覚えていただき、ご自身で遺産分割協議書(代償分割)を作成される際の書式・ひな形集としてお役立てください。


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ