スポンサーリンク


遺産分割協議書は作らないといけないの?

法定相続分と異なる割合で遺産を分けるときは、遺産分割協議書が必要です。

相続人の間で行われた遺産分割協議が整った場合には、遺産分割協議書という書面を作成することが必要です。
遺産分割協議書は作らないといけないのでしょうか?

遺産分割協議書は必ず作成しておくべき書類です。
このページでは遺産分割協議書を作成しておいた方が良い理由・必要性を解説いたします。

遺産分割協議書作成の必要性1

相続手続きを進める際に遺産分割協議書作成が必要となるケースが多いことです。(例:相続登記、銀行預金の相続、株式の相続その他)

相続手続きは、法務局・金融機関・証券会社等で行うのですが、その場は相続人全員が行く必要はありません。

士業等の代理人又は相続人のうちの1人が手続きを行うこととなります。

この場合に、本当に遺産分割協議が成立しているのかの確認のための必要書類として各機関に遺産分割協議書の提出を求められることが普通です。

そのため、遺産分割協議書を作成しておく必要がございます。

遺産分割協議書作成の必要性2

後々の相続トラブル防止のために遺産分割協議書作成が必要です。

きちんとした遺産分割協議書を作成しておけば、後から「言った・言わない」といった揉め事を回避すること必要性がございます。

各相続人に遺産分割協議書を作成・署名してもらうことによって、「あの時、相続人の○○さんは認知症で意思能力が無い状態だったから作成された遺産分割協議書は無効」といった遺産分割協議トラブルの原因を事前に回避することができます。

遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議書を作成される際の形式については、特に制限はありません。
遺言書と異なり、パソコンで作成した場合でも有効です。(署名は各相続人にしてもらうのがよいでしょう。)

遺産分割協議書作成の注意点としては、「相続財産、相続財産を誰がどの割合で相続するのか明確に書き、曖昧な表現は避けて作成すること」、「相続人の住所は印鑑証明書記載のとおり正しく書いたものを作成すること」です。

遺産分割協議書を作成する際には、相続人全員が個人実印で押印し、印鑑証明書を添付する必要がございます。

実印登録していない相続人は実印作成・登録が必要となり、相続人全員は印鑑証明書の準備が必要です。

≪遺産分割協議書の書式・ひな形はこちら≫

以上が、遺産分割協議書を作った方が良い理由・必要性についての解説です。

【遺産分割協議書作成の必要性について】
・遺産分割協議が整ったら、遺産分割協議は必ず作った方が良い
・遺産分割協議書には実印での押印が必要


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ