スポンサーリンク


遺産分割協議書作成の必要性とは?

遺産相続の方法については、当事者間の話し合いで決定していくことが一般的です。
この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議がまとまったとき、遺産分割協議書という書類を作成するのが一般的です。

では、遺産分割協議書は必ず作成する必要があるのでしょうか?

このページでは「遺産分割協議書作成の必要性」について解説いたします。

遺産分割協議書とは?

まず、遺産分割協議書という書類について簡単に説明いたします。

遺産分割協議書とは文字通り

・故人の遺産について
・分割方法の
・話し合い(協議の結果)

をまとまた書類となります。

具体的には、

・誰が
・どの財産を
・どの割合で

承継するのはを記載します。

各人が署名・実印での押印をする

遺産分割協議書の書式が完成すると、当事者全員の署名捺印をします。

・相続人の署名
・個人実印での押印

をします。

話し合いで合意しただけではダメ?

そもそも当事者間で口頭で合意しているだけではダメなのでしょうか?
わざわざ遺産分割協議書という書類を作成しなければいけないのでしょうか?

結論から申し上げますと「遺産分割協議書」は作成しておくべきです。(必須)

以下、遺産分割協議書作成の必要性について解説いたします。

遺産分割協議書作成の必要性1

相続人同士で話し合いが整った後は、実際に相続手続き(名義変更の申請)を行っていきます。

相続手続きを進める際には、遺産分割協議書作成が必要となるケースが多いのです。

以下、不動産の相続手続きを例に解説いたします。

不動産の名義変更(相続登記)を例に

故人所有の不動産名義変更手続きを相続登記をいいます。
これは「法務局」という役所に対して申請する手続きです。

【基本事例】
故人:A
相続人:B・C
故人A名義の不動産がある。
→話し合いで不動産はBが相続するを決定。

このような事例を想定してください。

このように、法定相続分と異なる割合で相続登記を行うときには「当事者間で本当に合意がされているのか」という確認・証明資料が必要になります。

その証明資料となるのが「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書には

・財産の分け方の記載
・当事者の署名捺印(実印)

があります。
これにより「当事者間での合意」を証明していくのです。

このように、法定相続分と異なる割合で相続登記を行う際には、遺産分割協議書は必須の書類となります。

遺産分割協議書作成の必要性2

また、遺産分割協議書を作成する理由に「後々のトラブル防止」ということも挙げられます。

口頭ベースの合意のみですと、後から「言った・言わない」論争が始まることも考えられます。
そのような事態を防ぐためにも遺産分割協議書は作成すべきなのです。

きちんとした遺産分割協議書を作成しておけば、後から「言った・言わない」といった揉め事を回避すること可能になります。

また、各相続人に遺産分割協議書を作成・署名してもらうことによって、「あの時、相続人の○○さんは認知症で意思能力が無い状態だったから作成された遺産分割協議書は無効」といった遺産分割協議トラブルの原因を事前に回避することができます。

遺産分割協議書の作成方法

「遺産分割協議書の作成」と言われると少し難しい作業のような気もしますが、実際はそんな難しいことではないと思います。(もちろん労力・時間はかかりますが..)

遺産分割協議書を作成するときの形式については、特に制限はありません。

今はインターネットや書籍などに遺産分割協議書の書式・ひな形がたくさんありますので、そちらを参考に頑張れが自力で作成することも可能です。

なお、遺産分割協議書は、(遺言書と異なり)パソコンで作成した場合でも有効です。
作成後は、各当事者に署名捺印をしてもらいましょう。

≪遺産分割協議書の書式・ひな形はこちら≫

まとめ

ここまで遺産分割協議書を作った方が良い理由・必要性についての解説いたしました。

「協議がまとまったら遺産分割協議書を作成すべきである」ということを覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・協議がまとまったら遺産分割協議は作成すべき
・各手続き(名義変更)の申請の際に分割協議書が必要
・書類を作成しておくことで後々のトラブル予防になる
・遺産分割協議書には実印での押印が必要


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ