スポンサーリンク


遺産分割協議書(上申書一体型)の書式、ひな形、書き方

相続が発生したときには、遺産分割協議(話し合い)が必要です。
遺産分割協議がまとまったときは、名義変更手続きを進めるために遺産分割協議書の作成に進みましょう。

不動産の相続手続きをするとき、稀に上申書が必要なときがある

不動産の相続手続きのことを相続登記といいます。
相続登記の必要書類として「故人の住民票除票(又は戸籍の附票)」の準備が必要です。

しかし、これら書類の役所保存期間は死後5年となっております。そのため、住民票の除票、戸籍の附票が廃棄されており取得できないという状況もあり得ます。

そのようなときは、

・相続人全員からの上申書

が追加資料として求められます。

遺産分割協議書と上申書を一枚にまとめることも出来る!

遺産分割協議書と上申書を別々に作成することもできますが、一枚にまとめて遺産分割協議書(上申書付)とすることも可能です。

遺産分割協議書(上申書一体型)の書き方・雛形・書式を紹介します。

遺産分割協議書(上申書一体型)の書式・ひな形を紹介します

【基本事例】
故人の死後5年以上経過により、住民票除票&戸籍附票が廃棄されている。取得できない状況。

遺産分割協議書

1.被相続人大塚栄子(平成○○年○月○日死亡)の後記相続財産について、下記相続人は相続人たる地位に基づいて遺産分割協議を行い、次のとおり決定した。なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が上申する。

なお、住民票の除票及び戸籍の附票が保存期間満了により廃棄されているため添付することができないが、下記不動産の登記名義人と被相続人は同一人物である旨を上申する。→これが遺産分割協議書(上申書付)の書き方。

2.被相続人の表示
被相続人 大塚 栄子
本籍 東京都豊島区大塚○○番地
最後の住所地 東京都板橋区○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 平成○○年○月○日

3.相続人の表示
・東京都練馬区大泉○丁目○番○号  駒込 佐知子
・東京都文京区○丁目○番○号    目白 亜樹

第1条 駒込 佐知子は、次の遺産を相続する。

不動産の表示
所在 練馬区○丁目
地番 ○番
地目 宅地
地積 ○.○○㎡

以上のとおり遺産分割協議が成立したので、これを証するため本遺産分割協議書を作成し、署名押印の上、所持する。

平成○○年○月○日
東京都練馬区大泉○丁目○番○号  駒込 佐知子 (実印)
東京都文京区○丁目○番○号    目白 亜樹 (実印)

以上が遺産分割協議書(上申書一体型)の書き方・雛形・書式です。
以下、書類作成にあたっての注意点を解説いたします。

遺産分割協議書(上申書一体型)の作成方法

遺産分割協議書(上申書一体型)には上申書に該当する文言を盛り込む必要があります。

上記のひな形でいうと、

≪なお、住民票の除票及び戸籍の附票が保存期間満了により廃棄されているため添付することができないが、下記不動産の登記名義人と被相続人は同一人物である旨を上申する。≫

この文言が遺産分割協議書(上申書付)特有の記載内容です。

まとめ

ここまで「遺産分割協議書(上申書一体型)の書式・ひな形」について解説いたしました。

この先、遺産分割協議書(上申書付)を作成される際の参考書式としてお役立てください。

※上申書は常に必要な書類ではありません。
なお、遺産分割協議書と上申書を別々に作成しても全く問題ありません。「上申書のみ」の書式・ひな形リンク


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ