スポンサーリンク


遺産分割協議書(債務、負債)の書式、ひな形、書き方

遺産分割協議で債務・負債の分担方法を決めたとき

相続が発生すると、遺産分割協議が必要になります。
遺産分割協議では被相続人の遺産すべてが対象となります。

遺産分割協議の対象となるのは資産だけではなく、債務や負債も含みます。

債務・負債について遺産分割協議の内容は、債権者に主張することはできませんが、相続人の間では債務・負債に関する合意は有効です。

ですので、債務・負債の遺産分割協議が成立した場合には、債務・負債の記載のある遺産分割協議書の作成が必要となります。

債務・負債について特定できる情報を遺産分割協議書に書きましょう。
当ページは遺産分割協議書(債務・負債)書き方・雛形・書式を紹介します。

遺産分割協議書(債務・負債)の書式・ひな形を紹介します

【遺産分割協議書(債務・負債)事例:債務・負債を長男が相続するケース】

遺産分割協議書

1.被相続人赤羽耕司(平成○○年○月○日死亡)の後記相続財産について、下記相続人は相続人たる地位に基づいて遺産分割協議を行い、次のとおり決定した。なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。

2.被相続人の表示
被相続人 赤羽 耕司
本籍 東京都北区王子○○番地
最後の住所地 東京都豊島区要町○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 平成○○年○月○日

3.相続人の表示
・埼玉県川口市○丁目○番○号 赤羽 悟
・埼玉県蕨市○丁目○番○号  荒川 恭子

第1条 赤羽 悟は、次の債務・負債を負担する。

債務・負債の表示

○○銀行からの借入金債務全額(相続開始時点の債務残高 金○○万円)
↑上記が債務・負債の書き方となります。

第2条

本遺産分割協議書に記載されていない債務・負債は赤羽悟が負担する。

↑上記が債務・負債の書き方となります。

以上のとおり遺産分割協議が成立したので、これを証するため本遺産分割協議書を作成し、署名押印の上、所持する。

平成28年○月○日
埼玉県川口市○丁目○番○号 赤羽 悟 (実印)
埼玉県蕨市○丁目○番○号  荒川 恭子(実印)

以上が遺産分割協議書(債務・負債)の書き方・雛形・書式です。

遺産分割協議書(債務・負債)を作成される際にお役立てください。

遺産分割協議書(債務・負債)の作成方法

遺産分割協議書には債務・負債が特定できる情報(借入先や債務・負債残高など)の記載が必要です。

遺産分割協議書で債務・負債の取り決めをしたときは、相続人の間では債務・負債に関する合意は有効です。

ただ、債務・負債の相続方法について債権者に主張することはできません。
(=債権者から請求されると払わなければならない)

ですので、財産より借金が多い時は「相続放棄」を利用した方が安心です。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ