スポンサーリンク


遺産分割協議書の書式、ひな形(不動産・銀行預金・株式)

遺産分割協議(話し合い)が終わったら遺産分割協議書を作りましょう

遺産分割協議が整った場合は、遺産分割協議書を作成することが必要です。

ただ、遺産分割協議書をどう作ればいのかについて、書式・雛形がわからないという方が大勢いらっしゃいます。
遺産分割協議書を作成する際には書式・雛形に沿って作成すると簡単です。

遺産分割協議書の書式・雛形・書き方を紹介いたします。

遺産分割協議書(不動産・預貯金・株式)の書式・ひな形を紹介します

遺産分割協議書

1.被相続人豊島一郎(平成○○年○月○日死亡)の後記相続財産について、豊島花子、練馬さとみは相続人たる地位に基づいて遺産分割協議を行い、次のとおり決定した。

なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。

2.被相続人の表示
被相続人 豊島 一郎
本籍 東京都豊島区池袋○○番地
最後の住所地 東京都豊島区池袋○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 平成○○年○月○日

3.相続人の表示
・東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 花子
・東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 さとみ

第1条 豊島 花子は、次の遺産を相続する。

不動産の表示
所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡

預貯金の表示
株式会社○○銀行 池袋支店 普通預金 口座番号○○○○○○○

第2条 練馬 さとみは、次の遺産を相続する。

有価証券の表示
株式会社○○証券 株式 ○○株式会社 100株

第3条 本遺産分割協議書に記載されていない財産及び債務については豊島花子が負担承継する。

以上のとおり遺産分割協議が成立したので、これを証するため本書を作成し、署名押印の上、所持する。

平成28年○月○日
東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 花子 (実印)

東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 さとみ (実印)

以上が、遺産分割協議書の書式・雛形・書き方の例となります。

遺産分割協議書(不動産・預貯金・株式ほか)の作成方法

遺産分割協議書は特に決まった様式というのはありません。

ただ、「これは入れておかないといけない」という情報があります。

1.被相続人に関する情報
2.相続人に関する情報
3.どの相続財産を誰が相続するのかという遺産分割協議の内容
4.相続人全員の署名押印(実印)

以上の情報は必ず必要になります。

上記の遺産分割協議書の書式・ひな形をお役立てください。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ