遺産分割協議書の書式、ひな形(不動産・銀行預金・株式)

遺産相続の場面では、相続人全員で遺産の分け方について話し合いをすることが必要です。

この話し合いのことを「遺産分割協議」といい、遺言書がある場合を除き、基本的には協議で相続方法を決めていきます。

遺産分割協議の対象となる主な資産としては、

1.不動産
2.銀行預金(預貯金)
3.株式(投資信託・債権など含む)
4.現金

等が挙げられます。

なお、生命保険金は受取人が指定されているため遺産分割協議の対象とはなりません。(受取人固有の財産となります。)

話し合いがまとまったら「遺産分割協議書」を作成しましょう!

相続人の間で遺産分割協議がまとまった場合は、遺産分割協議書を作成しましょう。

書類作成については、「自身で行う方・私たちのような専門家に依頼する方」の両方がいらっしゃると思います。

ご自身で頑張ろうとしている方の中には、遺産分割協議書をどう作ればいのかについて書式・雛形がわからないという方が大勢いらっしゃいます。

遺産分割協議書を作成する際には書式・雛形に沿って作成すると簡単です。
このページでは遺産分割協議書の書式・雛形を紹介いたします。

遺産分割協議書(不動産・預貯金・株式)の書式・ひな形

遺産分割協議書

1.被相続人豊島一郎(令和○○年○月○日死亡)の後記相続財産について、豊島花子、練馬さとみは相続人たる地位に基づいて遺産分割協議を行い、次のとおり決定した。

なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。

2.被相続人の表示
被相続人 豊島 一郎
本籍 東京都豊島区池袋○○番地
最後の住所地 東京都豊島区池袋○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 令和○○年○月○日

3.相続人の表示
・東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 花子
・東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 さとみ

第1条 豊島 花子は、次の遺産を相続する。

不動産の表示
所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡

預貯金の表示
株式会社○○銀行 池袋支店 普通預金 口座番号○○○○○○○

手元現金の表示
現金 ○○○万円

第2条 練馬 さとみは、次の遺産を相続する。

有価証券の表示
株式会社○○証券 株式 ○○株式会社 100株

第3条 本遺産分割協議書に記載されていない財産及び債務については豊島花子が負担承継する。

以上のとおり遺産分割協議が成立したので、これを証するため本書を作成し、署名押印の上、所持する。

令和○○年○月○日
東京都豊島区池袋○丁目○番○号 豊島 花子 (実印)

東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 さとみ (実印)

以上が、遺産分割協議書の書式・雛形・書き方の一例となります。

書式を一字一句同じにする必要はありませんが、上記のような形式で作成すると良いでしょう。

遺産分割協議書(不動産・預貯金・株式ほか)の作成方法

なお、遺産分割協議書は特に決まった様式というのはありません。

(おそらく複数の書籍・サイトを見ている方は、それぞれのひな形に特徴があることを感じていらっしゃると思います。)

以下、作成にあたっての注意事項について説明していきます。

遺産分割協議書に必ず記載すべき情報!

遺産分割協議書には「これ」と決まったひな形はありません。
ただ、「これは絶対に入れておかないといけない」情報があります。

1.被相続人に関する情報
2.相続人に関する情報
3.どの相続財産を誰が相続するのかという遺産分割協議の内容
4.相続人全員の署名押印(実印)

以上の情報は必ず必要になりますので絶対に覚えておいてください。

逆にこれらの情報がもれてしまうと「せっかく遺産分割協議書を作った苦労が水の泡..作り直し」ということになりますので注意してください。

遺産分割内容はハッキリわかるように書いてください!

私から、特に遺産分割協議書作成時の注意していただきたい点は

3.どの相続財産を誰が相続するのかという遺産分割協議の内容

です。

当事務所に相談に来る前に遺産分割協議書を自作されている方もいらっしゃいます。
多くの作成例を見た中で、この項目を完璧に作成できている方は少ない印象です。

そのため、追加で説明コーナーを以下設けます。

1.財産を誰がどの割合で取得するのかハッキリ書く

→甲土地はAとBが相続する(これではダメ!!)
→→甲土地はA2分の1、B2分の1ずつの割合で相続する
(このように割合までしっかり書いてください)

2.財産の特定をしっかりと書く!

→○○市の自宅(これではダメ!)

所在 豊島区池袋○丁目
地番 ○○○番○○
地目 宅地
地積 ○○.○○㎡

というように、登記簿謄本のとおり記述して不動産を確実に特定してください。

また、銀行預金等については「金融機関名・支店名・口座番号」等の情報で財産内容を特定してください。

まとめ

ここまで「遺産分割協議書(不動産・預貯金・株式)の書式・ひな形」について解説してきました。
遺産分割協議書に盛り込むべき最低限の情報をご理解いただいたうえで、今後の相続手続きにお役立てください。

・遺産分割協議書は任意の書式でOK!
・最低限記載しないといけない文言・条項がある
・遺産分割内容はハッキリわかるように記載すべし


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ