板橋区の遺産分割協議書の作成(司法書士)

板橋区での遺産分割協議書の作成サポート

遺産分割協議書作成の悩み・心配
ひとりで抱え込んでいませんか?

被相続人の遺産相続手続きを進めていく場合には、
相続人での協議(遺産分割協議)・遺産分割協議書の作成が必要です。

遺産分割協議というのは、生涯で何度も経験することではありません。
遺産分割に慣れているという方は、ほとんどいらっしゃらないため、多くの方が初めての遺産分割協議・慣れない遺産分割協議書作成に不安・心配を抱えています。

このような遺産分割協議書作成の悩み・心配をお持ちではないですか?

「遺産分割協議書の作成ルールがわからない..」
「遺産分割協議書に必要な書類がわからない..」
「平日に役所に行くのが難しい..」
「遺産分割協議書の作成費用がいくらかかるのか不安..」
「身近に遺産分割の相談をできる専門家がいない..」
「なるべく早く遺産分割協議書作成・各種名義変更を終わらせたい」

など

遺産分割協議書の作成に関して身近に相談できる専門家がいるという方は、ほとんどいらっしゃいません。

そのため、本当は早めに遺産分割協議書作成・名義変更をしなければならないと思っているのに、どこの誰に相談したらいいのかわからず、また、面倒な書類作成なので先延ばしにされている方も多くいらっしゃいます。

遺産分割協議書作成をされないままの方もおられますが、手続きを行わなかったために後になって大変お困りになる方も多くいらっしゃいます。

《すぐに遺産分割協議書作成・名義変更をしなかったことにより起こりうる不利益の一例》
・遺産相続関係が複雑になり、話し合いでトラブルになってしまう..
・遺産分割協議に関して、通常よりも多くの費用と時間がかかる..
・延滞金(罰金)の支払いが必要になる場合もある..
・円満な家族・兄弟関係がギスギスする原因となってしまう..

このような相続の悩み・不安を抱えているのはあなただけではありません。
毎年、多くの方が頭を悩ませている問題なのです。

でも、ご安心ください!あなたは、もうひとりではありません。

当事務所は、遺産分割協議書の作成に関して悩んでいる方々の「不安・心配を少しでも和らげたい」、「安心して日々の生活を送ってほしい」という気持ちから遺産分割協議書作成のサポートを行っております。

司法書士が遺産分割協議書の作成をフルサポート!
ほとんど何もすることなく「正確な」遺産分割協議書を作成できます。

平日に休みを取るのが難しい方、慣れない遺産分割協議書作成に不安・心配を抱えている方は、当事務所にご相談いただくと、ほとんど自分で何もすることなく遺産分割協議書作成をスムーズに完了させることができます。

板橋区エリアの皆様のお役に立てますことを心より願っております。


板橋区の皆様にお届けする遺産分割協議書作成サポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
遺産分割協議書の作成料は別途頂きません。全てコミコミ料金です。

遺産分割協議書作成・相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式)

板橋区のお客様の声

板橋区での遺産分割協議書の作成代行

東京都板橋区 50代男性(遺産分割協議書の作成)

遺産分割協議書の代理作成(板橋区)

東京都板橋区 20代男性(遺産分割協議書の作成)

板橋区の専門家の選び方(公共サービス編)

板橋区での公共サービスをご紹介します。

・遺産分割協議書の必要書類の取得:板橋区にお住まいの方
板橋区役所(板橋区にある戸籍・印鑑証明書など)
板橋区板橋2-66-1
最寄駅:板橋区役所前

・行政書士の区民相談(東京行政書士会板橋区支部)
http://itabashi.tokyo-gyosei.or.jp/

司法書士が遺産分割協議書の作成をサポートいたします

板橋区での遺産分割協議書の作成支援

板橋区への出張相談(遺産分割協議書の作成)に対応

当事務所は「当事務所での相談(池袋)」のほか「司法書士による出張相談(ご自宅など)」にも対応しております。

板橋区のご自宅(喫茶店)など、お客さまご指定の場所まで司法書士がお伺いすることも可能ですので遠慮なくお申し付けください。


板橋区の皆様にお届けする遺産分割協議書作成サポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
遺産分割協議書の作成料は別途頂きません。全てコミコミ料金です。

遺産分割協議書作成・相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式)

板橋区の皆様へ:相続手続きのお役立ち情報を司法書士が解説!

相続が発生したとき、相続人全員が話し合い(遺産分割協議)を行って遺産分割協議書の作成が必要です。

遺産分割協議は相続人全員の参加が要件となっています。
では、行方不明の相続人がいるときはどうすればいいのでしょうか?

このようなケースで遺産分割協議をするために失踪宣告という制度があります。

制度の概要について

この制度は行方不明者の相続人を死亡したものとみなすものです。

失踪宣告により、「行方不明者=死亡」とみなされます。
その結果、相続人が確定するため遺産分割協議を有効に行うことができるという仕組みです。

【2つのタイプがある】

失踪宣告には
1.普通失踪宣告
2.特別失踪宣告

の2種類があります。

それぞれの違いについて紹介いたします。

普通失踪宣告は、災害・事故等ではない場合に申し立てる方法です。

該当者の生死が7年以上明らかでないときに家庭裁判所に申し立てをすることができます。


反対に、特別失踪宣告とは、災害や事故の場合を想定されたものです。

飛行機事故・船舶事故・天災などの危難に遭遇した者の生死が、危難の去った後1年間明らかでないときに申し立てをすることができます。

家庭裁判所への申立てが必要!

失踪宣告を申し立てることができるのは、行方不明者の利害関係人です。(利害関係人とは、不在者の配偶者や相続人に該当する者など法律上の利害関係を有する者のことを指します。)

利害関係人は、必要書類を揃え、不在者の住所地又は居所地の家庭裁判所へ申し立てを行います。

その後、審判が降りると、該当者は死亡したものとみなされ、以後遺産分割協議を有効に進めることができます。

【死亡したとみなされる時期に違いがある!】
死亡されたとみなされる時期は普通・特別失踪宣告により異なりますので注意が必要です。

・普通失踪宣告は、7年の期間が満了したときに死亡したとみなされます。

・特別失踪宣告は、危難が去った時に死亡したものとみなされます。

また、死亡したとみなされることにより、配偶者との婚姻関係も解消されることとなります。

もっとも、3年以上生死不明であることは離婚事由とされているため、婚姻関係の解消については7年を待つことなく手続きをすることができます。

本人が帰ってきたときはどうなる??

では、死亡したとみなされていた者が生きて帰ってきた場合は、既にした遺産分割協議の効力はどうなるのでしょうか?

その場合は、利害関係人は本人が生存していることを家庭裁判所へ証明をすれば審判は取り消されます。

取り消された結果、死亡していないこととなるので、相続が発生していないこととなります。

しかし、死亡したと扱って既に遺産分割協議・財産の移転が行われているわけですから、それを全てを遺産分割前の状態に戻すというのは非現実的です。

そのため、財産を相続した者は、現存利益のみを返還すれば足りると規定されています。

以上が、遺産分割協議書作成に関するお役立ち情報です。


板橋区の皆様にお届けする遺産分割協議書作成サポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
遺産分割協議書の作成料は別途頂きません。全てコミコミ料金です。

遺産分割協議書作成・相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ