板橋区の相続税申告(税理士と提携)

板橋区での相続税申告(税理士・司法書士)

相続手続き・相続税申告の悩み・心配
ひとりで抱え込んでいませんか?

相続が発生した場合には、各種名義変更
相続税の対象となる場合には相続税の申告が必要です。

遺産相続・相続税申告というのは、生涯で何度も経験することではありません。
相続税申告に慣れているという方は、ほとんどいらっしゃらないため、多くの方が初めての相続税計算・相続税申告に不安・心配を抱えています。

このような相続税申告に関する悩み・心配をお持ちではないですか?

「相続税申告が必要なのかわからない..」
「故人の財産が大きく相続税申告を急いでいる..」
「平日に税務署に行く時間なんてない..」
「相続税にはタイムリミットがあるので早く申告を終えたい..」
「相続税の相談ができる税理士などの専門家がいない..」
「相続税申告の税理士費用がいくらかかるのか不安..」

など

身内のことに関して身近に相談できる税理士(相続税)・司法書士(名義変更)といった専門家がいるという方は、ほとんどいらっしゃいません。

そのため、タイムリミットがあり本当は早めに相続税申告をしなければならないと思っているのに、どこの税理士に相談したらいいのかわからず、また、面倒なことなので先延ばしにされている方も多くいらっしゃいます。

期限内に相続税申告をしなかったために後になって大変お困りになる方も多くいらっしゃいます。

《すぐに相続税申告・名義変更をしなかったことにより起こりうる不利益の一例》
・相続関係が複雑になり、話し合いでトラブルになってしまう..
・各種手続きに関して、通常よりも多くの費用と時間がかかる..
・相続税について延滞金(罰金)の支払いが必要になる場合もある..
・相続税の特例が使えなくなる..
・期限を過ぎると相続税の支払い金額が大きくなる..

このような相続の悩み・不安を抱えているのはあなただけではありません。
毎年、多くの方が頭を悩ませている問題なのです。

でも、ご安心ください!あなたは、もうひとりではありません。

当事務所は、相続税申告に関して悩んでいる方々の「不安・心配を少しでも和らげたい」、「安心して日々の生活を送ってほしい」という想いです。税理士と連携して各種名義変更(司法書士)・相続税申告(税理士)のサポートを行っております。

司法書士と税理士が相続手続き(相続税申告ほか)をフルサポート!
苦労することなく相続税申告等の相続手続きを終えることができます。

平日に休みを取るのが難しい方、慣れない遺産相続・相続税申告に不安・心配を抱えている方は、当事務所にご相談いただくと、ほとんど自分で何もすることなく名義変更・相続税申告までをスムーズに完了させることができます。

板橋区エリアの皆様のお役に立てますことを心より願っております。


板橋区の皆様にお届けする相続手続き・相続税申告の詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。

相続手続き・相続税申告(提携税理士)サポート

板橋区ほかのお客様の声

税理士への相続税申告の紹介(板橋区)

板橋区ほか 50代男性(相続税の申告/税理士を紹介)

板橋区の相続税申告代行

板橋区ほか 60代女性(相続税の申告/税理士を紹介)

板橋区の専門家の選び方(公共サービス編)

板橋区での公共サービスをご紹介します。

・相続税申告の申請先(板橋区での税務申告)
東京法務局板橋区出張所
板橋区大山東町35-1
最寄駅:板橋区役所前・大山

・相続税申告の専門家【税理士】
板橋区の相続税相談(東京税理士会板橋区支部)

各種名義変更・相続税申告(提携税理士)をフルサポート!

板橋区で税理士による相続税申告代行

板橋区への出張相談(相続税申告等)に対応

当事務所は「当事務所での相談(池袋)」のほか「司法書士・提携税理士による出張相談(ご自宅など)」にも対応しております。

板橋区のご自宅(喫茶店)など、お客さまご指定の場所まで司法書士がお伺いすることも可能ですので遠慮なくお申し付けください。


板橋区の皆様にお届けする相続手続き・相続税申告の詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。

相続手続き・相続税申告(提携税理士)サポート

板橋区の皆様へ:相続税申告のお役立ち情報を司法書士が解説!

相続税とは、相続が発生した場合に相続人が税務署に申告・支払いをする税金です。
ただ、すべての遺産相続が相続税申告の対象ということではありません。

相続税申告・納税をする必要がある場合・そうでない場合があります。
このページは、相続税の申告が必要なケースについて解説します。

遺産が一定の金額を超えると相続税申告の対象に

相続全体のうち相続税申告が必要な場合は約6%と言われています。

相続税申告が必要となるケースとは、相続する財産の総額が一定の額を超えている場合のみです。

では、相続税の申告が必要かどうかの基準の額はいくらなのでしょう?
相続税申告の基準となる一定の金額のことを基礎控除といいます。

基礎控除が相続税申告の基準の額となり、相続する財産の総額が基礎控除以下であれば、相続税申告は必要ありません。

平成27年に相続税の改正がありました。
この改正により、相続税申告・納税する方が増えました。

このことは当時よくテレビ等のニュースで報道されており、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

相続税の基礎控除の計算

現在の相続税計算の基礎控除額の計算方法は次のとおりです。
3000万円+(600万円×相続人の数)=相続税の基礎控除額

(例)相続人が配偶者、子供2人の場合
3000万円+(600万円×3人)=4800万円

相続税法の改正前と比較して、基礎控除が少なくなり相続税申告の対象となる方が増えたということです。

なお相続税の支払いの基準とする金額の計算はとても複雑です。特に土地の金額の計算は専門的ですので、相続税を得意とする税理士などに相談をするとよいでしょう。(相続税申告の専門家は税理士です。)

また、相続税申告は相続発生後10ヶ月以内という期限があるため、そちらにも気を付けてください。

【相続税申告が必要なケース:まとめ】
・すべての遺産相続のケースで相続税が申告・納税する必要があるわけではない
・相続税申告の基準は基礎控除

以上が、相続税申告に関するお役立ち情報です。


板橋区の皆様にお届けする相続手続き・相続税申告の詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。

相続手続き・相続税申告(提携税理士)サポート

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ