スポンサーリンク


遺贈と相続の違いとは?

被相続人が死亡したとき、「遺贈」・「相続」のケースがございます。

遺贈と相続の違いは何なのでしょうか?
遺贈と相続は違う点がいくつかあります。
このページでは遺贈と相続の違いについて解説いたします。

遺言書の有無が「遺贈と相続」を分けるポイントです

「遺贈」とは、遺言書によって遺産を相続人(相続人以外の人)へ与えることです。
遺言書により相続人以外に財産を贈与することを「遺贈」といいます。もちろん、相続人に対しても遺贈をすることも可能です。

「相続」とは、死亡によって当然に発生するもので、相続により被相続人の遺産が相続人に引き継がれます。

遺言書の有無が「遺贈」と「相続」を大きな分けるポイントです。

遺贈と相続の違い:財産を受け取ることが出来る人

まず、遺贈と相続の違いで一番の違いは「相続人以外に遺産を渡せるかどうか」の違いです。

相続は、死亡により何ら手続きを踏むことなく相続人に相続する権利が発生します。

相続により相続できるのは「法定相続人」といって法律により定められている相続人に該当する人のみです。ですので、相続人以外は「相続」を受けることはできません。

反対に、遺贈の対象者は相続人に限定されません。

具体例:
遺言書で「甲土地を孫Aに遺贈する」という遺言書が見つかった場合、孫は遺贈により遺産を取得することが出来ます。
相続人以外の人(孫・内縁の配偶者)に遺産を与えたいときには、遺言書を作成し遺贈をすることが必要です。

遺贈の相続税について

遺贈により取得した相続財産には「相続税」の対象となります。

遺贈により遺産を取得した人が配偶者又は1親等の血族でない場合、相続税は2割加算となります。
(兄弟姉妹や相続人以外が相続・遺贈を受けたときは2割加算になるということ)

不動産の名義変更にかかる税金:遺贈と相続の違い

不動産の相続手続き(名義変更)をするときは、不動産の価格に応じて登録免許税という税金を納めることになります。

登録免許税は、「遺贈」と「相続」で大きく違います。

相続のとき→固定資産評価額の0.4%

遺贈のとき→固定資産評価額の2%
(相続人に対する遺贈のときは、相続の場合に準じて0.4%になります。)

相続人以外に遺贈するときには、名義変更にかかる登録免許税が5倍になるということを覚えておいてください。

遺言書を書く時は相続?遺贈?どちらの言葉を使う?

遺言書を書く時は「相続させる」・「遺贈する」という表現でどちらを使えばいいのでしょうか。

・相続人に遺産を与えたいとき→「相続させる」・「遺贈する」のどちらでもOK

・相続人以外に遺産を与えたいとき→「遺贈する」という表現を使ってください。
(相続人以外は相続権がありませんので、「相続させる」ではなく「遺贈する」の方が適しています)

以上が、遺贈と相続の違いについての解説です。

【遺贈と相続の違い:まとめ】
・遺贈は遺言書を使って遺産を与える
・相続は死亡により当然に発生し、相続人に遺産が承継される
・相続人以外に遺産を与えたいときは遺贈を利用する


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ