スポンサーリンク


準確定申告とは?

確定申告とは1月1日~12月31日までの所得について、翌年本人が行う税務署への申告のことです。

では、年の途中で本人が死亡した場合はどうなるのでしょうか?

確定申告が必要な方が年の途中で亡くなったときには準確定申告というのが必要になります。

準確定申告とは相続人が行う確定申告のことです。
要するに、確定申告を相続人が行わなければならないということです。

準確定申告は相続が発生したからといって必ず申告が必要というわけではありません。では、どういう時に準確定申告が必要になるのでしょうか?

・個人事業主である
・2か所以上から給与を受けていた
・給与所得で2000万円を超える収入があった
・不動産収入があったとき
・給与所得、退職所得以外が合計20万円以上あったとき
・高額な医療費を支払ったとき(医療費控除)
ほか

といった場合が準確定申告が必要となる代表的な事例です。

準確定申告を行うべき人
準確定申告は相続人が行うことになります。
なお、相続人が2人以上いるときの準確定申告は各相続人が連署して1通の準確定申告書を提出することになります。

ただ、例外として他の相続人の氏名を付記して各相続人が各別に準確定申告をすることも認められています。

このときは、他の相続人に準確定申告の申告内容を通知することが必要になります。

一部の相続人が準確定申告をする場合であっても、他の相続人にお知らせすれば別々の申告でもOKということです。

なお、準確定申告による納付金額は、各相続人の相続分に応じて支払うこととなります。

相続する割合について揉めているようなときは、各相続人の法定相続分で準確定申告を行います。

【準確定申告の提出先】
準確定申告は、被相続人(亡くなった方)の住所地の税務署に準確定申告することになります。

【まとめ:準確定申告について
・確定申告が必要な方が死亡したときは準確定申告が必要。
・個人事業主、不動産収入有、などの場合が準確定申告の該当者になる。
・相続人が準確定申告をする。

【最後に:準確定申告の申告期限について※要注意】
通常の確定申告には期限があります。(翌年2月16日~3月15日)
これと同じように準確定申告についても申告期限が決められています。

準確定申告の申告期限については別ページにて解説していますので下記リンクをご参照ください。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ