住民票・戸籍の附票の違いとは?

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。

相続登記の必要書類に「住民票・戸籍の附票」という書類があります。
「住民票・戸籍の附票」はどちらか一方を取得すればOKです。

では、両者はどのような違いがあるのでしょうか?
このページでは「住民票と戸籍の附票の違い」について解説します。

住民票・戸籍の附票=共に住所証明の書類

住民票に関しては、多くの方が馴染みのある書類だと思います。
住民票はその名のとおり「住所を証明する書類」です。

また、戸籍の附票という書類もあります。
(こちらは、あまり馴染みのない書類名称であると思います。)

戸籍の附票も、住民票と同じく「住所を証明する書類」です。

相続手続きに必要となる住民票・戸籍の附票

相続手続きの際には、各書類を事前に準備しておく必要があります。

銀行預金の名義変更等では、基本的に住民票・戸籍の附票といった書類は準備しなくてもOKです。
ただ、不動産名義変更(相続登記)に関しては、必ず必要な書類となります。

具体的には、

・被相続人(故人)
→「住民票の除票」・「戸籍の附票」のいずれかが必要

・相続人(不動産を相続する人物のみ)
→「住民票」・「戸籍の附票」のいずれかが必要

となります。

「住民票・戸籍の附票」どちらを取得してもOK!

上記説明のとおり「住民票・戸籍の附票」はどちらか一方のみ準備すればOKです。
(互いに住所証明書として使用できるため、代用可能という取扱い)

どちらを取得するかは、取得者の皆様の判断次第です。
では、どちらを取得した方が便利なのでしょうか?

以下、両者の細かい相違点について説明いたします。

住民票・戸籍の附票の違いとは?

住民票・戸籍の附票において

1.書類請求先の役所が異なる
2.書類に記載される人物が異なる

といった相違点があります。
細かい論点ですが、以下それぞれについて解説いたします。

1.書類請求先の役所が異なる(異なる場合がある)

まず、一番大きな違いはこの点であると思います。

「住民票・戸籍附票」では請求先の市区町村が異なる場合があります。
(もちろん同じ市区町村という方もいます。)

住民票=住所地の市区町村

住民票を管理しているのは、住所地の市区町村です。

したがって、住民票の請求先は住所地の市区町村役場となります。

戸籍の附票=本籍地の市区町村

これに対して、戸籍の附票を管理しているのは「本籍地の市区町村」です。

したがって、戸籍附票の請求先は本籍地の市区町村役場となります。
住所地の役所に出向いても、戸籍の附票は取得できません。

ここまでの説明をまとめると、

・住所と本籍地が同じ人
→同じ役所でどちらの書類も取得可能

・住所と本籍地が異なる人
→請求先の役所が異なる
(都合の良い方の役所に書類請求してください)

となります。

2.書類に記載される人物が異なる

また、「住民票・戸籍の附票」では書類に記載される人物の範囲が異なることがあります。

以下、簡単な具体例をもとに説明いたします。

【基本事例】
・父A(実家)
・母B(実家)
・長男C(未婚:両親と別市区町村で一人暮らし)

というケースを想定してください。

この場合、

・戸籍の附票を取得した場合
→A・B・Cの3人が同じ1つの書類に記載されている

・住民票を取得した場合
→A・Bは同じ住民票
→Cは別の住民票(別市区町村なので)

となります。
あまり重要ではない細かい論点ですが、このような違いもあります。

まとめ

ここまで「住民票・戸籍の附票の相違点」について解説いたしました。
両者は互いに代用可能ということを覚えていただき、今後の相続登記にお役立てください。

・住民票&戸籍の附票=住所証明の書類
・住民票=住所地の役所
・戸籍の附票=本籍地の役所
・どちらの書類を取得してもOK


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ