スポンサーリンク


家庭裁判所への申立書類(検認・特別代理人)の原本還付の方法

遺産相続において、家庭裁判所の手続きが必要になる事例があります。

具体的には、

・遺言書の検認(手書きの遺言書があるとき)
・特別代理人選任申立(未成年相続人いるとき)

等の事例が多いです。

家庭裁判所に申立てをするとき「原本還付」はどのようにすればよいのでしょうか?

このページでは「家庭裁判所への申立書類の原本還付の方法」について解説いたします。

家庭裁判所は戸籍等の原本を返却してくれます

家庭裁判所に遺言書検認・特別代理人選任等の申立てを行うときは「戸籍や住民票等」書類の原本を提出します。

しかし、これらの原本は手続き終了後に返却してもらえます。
その結果「戸籍・住民票」などの原本は1通取得すれば足りるということです。

こちらから意思表示しなければ原本は返却されない!

上記で「戸籍等の申立て書類は原本還付される」という説明をいたしました。
しかし、これは無条件に原本還付されるわけではありません。

申立ての際に、

・原本還付する旨の意思表示
・原本還付に必要な処理

を行う必要があるのです。

家裁への申立て段階で「コピー」を提出すればよい!

家庭裁判所に関する書類の原本還付は簡単です。

申立て段階で「原本還付したい戸籍」についてコピーを取っておきましょう。
そして、「原本・写し」の両方を家庭裁判所に提出します。

(原本還付申請書の提出が必要な裁判所もある。)

登記申請時のような原本還付処理は不要!

裁判所の原本還付はコピーを取るだけで問題ありません。

司法書士の方は、登記申請の際に行う「原本還付処理」が頭に浮かんだを思います。

原本還付処理のイメージ図

家庭裁判所への申立書類に関しては、登記申請の際のような面倒な原本還付処理は不要です。

コピーの提出を忘れてしまったときは?

うっかりコピーの提出を忘れてしまったということもあるかと思います。
そのようなときの対処法について解説いたします。

コピー(データ)が手元にあるとき

このような場合は、手元にある「写し」を家庭裁判所に追加で郵送すれば問題ありません。

問題は、コピーを取っていなかった場合です。

コピーを取り忘れていた場合

この場合は少しややこしくなります。
現状のままでは「書類の原本は返却されません

手続き完了後に申立書類の返却を希望する場合には、「謄写請求」が必要になります。

1.申立人本人が謄写請求

この場合は裁判所に「謄写請求書」を提出することになります。
本人が「書類に記入・押印」し、裁判所の中で謄写を行います。

2.弁護士が申立て代理人となっているケース

この場合は、弁護士さんが代理人になっているので弁護士が代理で謄写をすることが可能です。
謄写請求書には「弁護士が記入・押印」し「申立人からの委任状」を提出します。

3.司法書士が書類作成者として関与しているケース

この場合は面倒です。
基本的に司法書士は申立人の代理人ではありません。(⇔弁護士)

代理人ではないので、基本的には「申立人本人」が謄写請求をすることになります。

【裁判所の裁量による】
申立先の家庭裁判所の裁量によるのですが、

・本人が記入・押印した謄写請求書
・司法書士宛の謄写に関する委任状

この2点で司法書士でも謄写を認めてくれることがあります。
写しを取り忘れてしまった際には、今後の対応について裁判所に相談してみてください。

まとめ

ここまで「検認・特別代理人等、家庭裁判所での申立書類の原本還付」について解説いたしました。

家庭裁判所に手続を申し立てる際には、コピーを提出することを忘れないようにしてください。

・家裁は事件終了後、申立て書類を返却してくれる
・申立て段階でコピーの提出が必要
・コピーを取り忘れたときは、家裁に相談


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ