川口市の銀行預金・株式の相続(司法書士)

埼玉県川口市での銀行預金・株式の相続

相続手続きの悩み・心配
ひとりで抱え込んでいませんか?

被相続人名義の銀行預金・株式がある場合には、
相続人の方への相続手続きが必要となります。

相続というのは、生涯で何度も経験することではありません。
相続手続きに慣れているという方は、ほとんどいらっしゃらないため、多くの方が初めての相続手続き・慣れない相続手続きに不安・心配を抱えています。

このような相続手続きの悩み・心配をお持ちではないですか?

「どう相続手続きを進めればいいのかわからない..」
「銀行預金の相続手続きに必要な書類がわからない..」
「平日に銀行・証券会社に行くのが難しい..」
「費用がいくらかかるのか不安..」
「身近に相続の相談をできる専門家がいない..」
「なるべく早く相続手続きを終わらせたい..」
など

銀行預金や株式の相続手続きに関して身近に相談できる専門家がいるという方は、ほとんどいらっしゃいません。

そのため、本当は相続手続きをしなければならないと思っているのに、どこの誰に相談したらいいのかわからず、また、面倒な手続きなので先延ばしにされている方も多くいらっしゃいます。

相続手続きをされないままの方もおられますが、手続きを行わなかったために後になって大変お困りになる方も多くいらっしゃいます。

《すぐに相続手続きをしなかったことにより起こりうる不利益の一例》
・相続関係が複雑になり、話し合いでトラブルになってしまう..
・相続手続きに関して、通常よりも多くの費用と時間がかかる..
・延滞金(罰金)の支払いが必要になる場合もある..
・円満な家族・兄弟関係がギスギスする原因となってしまう..

このような相続の悩み・不安を抱えているのはあなただけではありません。
毎年、多くの方が頭を悩ませている問題なのです。

でも、ご安心ください!あなたは、もうひとりではありません。

当事務所は、銀行預金・株式の相続手続き関して悩んでいる方々の「不安・心配を少しでも和らげたい」、「安心して日々の生活を送ってほしい」という気持ちから相続手続きのサポート(銀行預金・株式)を行っております。

銀行預金・株式の相続手続きを司法書士がフルサポート!
ほとんど何もせずに相続手続きの悩み・不安を解決できます。

平日に休みを取るのが難しい方、慣れない相続手続きに不安・心配を抱えている方は、当事務所にご相談いただくと、ほとんど自分で何もすることなく相続手続きをスムーズに完了させることができます。

川口市エリアの皆様のお役に立てますことを心より願っております。


川口市の皆様にお届けする銀行預金・株式の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

川口市ほかのお客様の声

川口市の預金相続代行

川口市ほか 30代女性(銀行預金の相続)

川口市周辺での預金・株式の相続代理申請

川口市ほか 40代男性(銀行預金・株式の相続)

川口市の専門家の選び方(公共サービス編)

川口市が実施している公共サービスをご紹介します。
・相続トラブル、相続のことで揉めているときは【弁護士】
・相続税の申告が必要なときは【税理士】

川口市の市民相談(川口市役所本庁舎)
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/16010001/16010001.html

司法書士が銀行預金・株式の相続手続きをサポートいたします

川口市の銀行預金・株式の遺産整理業務

川口市への出張相談(預貯金・株式)に対応

当事務所は「当事務所での相談(池袋)」のほか「司法書士による出張相談(ご自宅など)」にも対応しております。

川口市のご自宅(喫茶店)など、お客さまご指定の場所まで司法書士がお伺いすることも可能ですので遠慮なくお申し付けください。


川口市の皆様にお届けする銀行預金・株式の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

川口市の皆様へ:相続手続きのお役立ち情報を司法書士が解説!

民法には「遺留分(いりゅうぶん)」という規定が存在します。

遺留分のことを考慮していない遺言書が発見されると、相続トラブルの原因となってしまう場合があります。

遺留分とは

相続人に最低限保証された侵すことのできない相続割合のことを指します。

遺留分は最低限保証されている相続分ですので、自分の遺留分が侵害されている場合には、その分を取り返すことができます。

例えば、夫に相続が発生し生計を同じくしていた妻がいる場合について考えてみましょう。

このとき、全くの第三者に全財産(銀行預金・株式等)を贈与するという遺言書を書いてしまうと今後の妻の生活が成り立たなくなってしまいます。

このような場合に備えて、最低限保証された相続分として「遺留分」という制度が存在します。

遺留分を有する相続人とは

遺留分を有するのは、配偶者・直系卑属(子供、孫)・直系尊属(親、祖父母)となります。兄弟姉妹にはありません。

1.被相続人に妻・子がいる=配偶者・子ともに有

2.被相続人に妻がいる・子はいない・親が健在
=配偶者・親ともに有

3.被相続人に妻がいる・子いない・両親は既に他界・兄弟姉妹がいる
=配偶者のみ有、兄弟姉妹には無

というようになります。

具体的な相続関係に応じて変わります

いくつか具体例を紹介しましょう。

【配偶者のみが相続人の場合】
「2分の1」となります。最低限、半分の財産を相続する権利が認められているということです。

【配偶者と子供1人が相続人の場合】
配偶者=「4分の1」、子供=「4分の1」となります。

【両親のみが相続人の場合】
両親=「各6分の1」となります。

【配偶者と両親が相続人の場合】
配偶者=「3分の1(=12分の4)」、両親=「各12分の1」となります。

遺留分を侵害している遺言書であっても有効です

遺言書の形式が法的に有効であれば、その遺言書は有効なものとなります。

そのため、遺言書により遺留分を侵害されている相続人は、自分で遺留分を取り戻す必要がございます。

この取り戻す手続きを遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)と呼びます。

以上が、川口市の方への相続手続き(銀行預金・株式ほか)に関するお役立ち情報です。


川口市の皆様にお届けする銀行預金・株式の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ