スポンサーリンク


遺言書検認申立書の押印は認印・実印どっち?

相続発生後、手書きの遺言書が発見されることがあります。
手書きの遺言書のことを「自筆証書遺言」といいます。

自筆証書遺言は、そのままの状態ではすぐ遺産相続に使用することはできません。まず、家庭裁判所での遺言書検認が必要なのです。

家庭裁判所で検認を受けるためには、はじめに「検認申立書」の提出が必要です。

このページでは「遺言書検認申立書に押印するのは認印で大丈夫か」について司法書士が解説いたします。

自筆証書遺言は家裁に検認申立書を提出する

手書きの遺言書(自筆証書遺言)は、まず家庭裁判所の検認を受けることが必要です。

遺言書検認を行いたい場合には、管轄の家裁に検認申立書を提出します。

遺言書検認申立書のイメージ

申立人は押印する欄があります

遺言書検認の申立てを行うことができるのは

・遺言書の発見した相続人
・遺言書の保管者

と規定されています。

申立人は上記で紹介した「検認申立書」に記入・押印をして家裁に書類提出をします。

さて、申立書に押印する申立人の印鑑はどうすればよいのでしょうか?

実印?認印でも大丈夫なのでしょうか?

検認申立書に押印する印鑑は認印でもOK

このページの本題です。
申立書に押印する印鑑の種別について解説します。

結論から申し上げると、申立書に押印するのは「実印でも認印でもどちらでもOK」という取扱いです。

遺言書検認の手続きでは、申立てと同時に家庭裁判所へ戸籍謄本などを提出します。
ただ、その中に申立人の印鑑証明書は含まれておりません

そのため、申立書に押印するのは実印でも認印でも問題ないのです。(実印・認印の判別ができない)

シャチハタはダメです!

シャチハタは印鑑として認められていません。
そのため、シャチハタ以外のもので押印してください。

認印で押す方の方が多いと思います

上記で説明したように「実印・認印」どちらでもよい場面ですので、認印で対応する方が多いと思います。

また、当事務所で遺言書検認を担当する場合も、依頼者さまに押印いただくのは「認印」にしています。(認印を推奨)

実は「認印」での押印を推奨するのには、きちんとした理由があります。以下、解説いたします。

申立書に押印した印鑑は検認期日にも使用します

遺言書検認の申立て後、実際に家庭裁判所にて当事者立ち合いのもと検認が行われます。

家裁で検認が行われる日のことを「検認期日」といい、申立人は必ず出席しなければなりません。

なお、検認期日の持ち物として「印鑑」があります。
これは、申立書に押印したものと同じ印鑑を用意することが望ましいです。

実印を持ち歩くのが不安という方は、認印での押印を!

上記で説明したように、申立書に押印した印鑑は「検認期日」に裁判所まで持参することになります。

「個人実印を持ち出すのはちょっと..」とセキュリティの面で心配という方は、申立書に押印する印鑑を認印にしておくと良いでしょう。

(この点から、私は認印で対応しています。)

まとめ

ここまで「遺言書検認申立書に押印する印鑑の種類」について解説いたしました。

実印・認印どちらでも大丈夫ということをご理解いただき、今後の検認手続きにお役立てください。

・遺言書検認申立書に申立人の押印箇所あり
・押印は実印でも認印でも可能
・私個人的には、認印で押すことを推奨


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

・税理士、弁護士、行政書士の先生方へ(司法書士分野のお手伝い)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ