スポンサーリンク


口座凍結前に預金を引き出す場合の注意点

相続が発生した場合、預貯金の取り扱いについては注意が必要です。

基本的には、

1.金融機関に相続開始の連絡(口座凍結)
2.戸籍謄本・印鑑証明書等を揃えて相続の申請
3.故人名義の預金払い戻し

という流れで手続きを進めます。

しかし、口座凍結前に預金を引き出す方も少なくありません。
このような場合に、注意すべきポイントはあるのでしょうか?

このページでは「口座凍結前に預金を引き出す場合の注意点」について解説いたします。

基本的な預金相続の進め方

相続が発生した場合、親族(法定相続人)であってもすぐ預金を引き出すことは認められておりません。

教科書通りのことを申し上げますと、まず金融機関に「相続発生の旨」を届け出るべきです。

故人の死亡により口座が凍結される

金融機関に「口座名義人の死亡」を伝えると、その段階で故人名義の口座が凍結されます。

凍結されるとは「すぐにお金を引き出せない・正規の手続きを踏まないと預金を払い戻せない」ということを意味します。

相続発生の連絡を済ませ口座を凍結させた後は、

1.戸籍謄本・印鑑証明書ほか書類の準備
2.故人の預金払い戻しの申請

を行うことで、やっとお金を引き出せるようになるのです。
上記の流れが「正規の」故人の預金の引き出し方となります。

しかし、全ての方がこの方法を取っているわけではありません。
口座凍結前(金融機関に告知する前)に、故人の預金を引き出してしまうケースも少なくないのです。

金融機関は相続発生を知らない

なぜ口座凍結前にお金を引き出せてしまうのか?
それは「金融機関が相続開始の旨を知らない」ことが原因です。

相続が発生した場合、役所から金融機関に何か連絡がいくわけではありません。
そのため、基本的には「親族からの相続発生の申出」によってのみ銀行は口座名義人の死亡を把握するのです。

裏を返せば、銀行に口座名義人死亡の告知をしなければ預金を引き出せてしまうのが現状です。

このような場合は、どこに注意すればよいのでしょうか?

相続トラブルになるかもしれないということを考える

上記で説明した「口座凍結前に預金を引き出すこと」は正しい方法ではありません。
親族でトラブルに発展するリスクを含んでいるのです。

勝手にお金を引き出したと糾弾される可能性

相続人が複数いる場合は、各人が相続について権利を持っています。

相続人のひとりが他の当事者に無断で故人の預金をおろすことは、

・勝手にお金をおろしたと責められる
・関係がこじれて、遺産分割がうまく進まなくなる

という可能性があります。いわゆる相続トラブルというものです。

使用用途について追及を受けることも

また、「おろしたお金を何に使用したのか」激しい追及を受ける可能性もあります。

そもそも、遺産なので「引き出した相続人単独の財産」ではないのです。

口座凍結前に引き出した場合の対処法

しかし、葬儀費用・医療費などの事情で、やむを得ず口座凍結前にお金を引き出すこともあるかと思います。

そのような場合は、相続トラブルとならないように事後の対策をしっかりしておきましょう。

預金を引き出す理由をハッキリと

口座凍結前にお金を引き出すことは正しい方法ではありません。

そのため、「なぜお金を引き出したのか?」という確かな理由を持っておきましょう。

他の相続人に了承を取っておく

他の相続人からすると「無断で勝手に」預金を引き出されることは大変困ります。怒ります。

相続の場面では財産(お金のこと)が絡みますので「単独で(断りなく)行動すること」は反感を招きます。

そのため、引き出す理由づけと併せて「ほかの相続人の合意」も取っておきましょう。

領収書を保管:使途不明金がないように

最後は「お金の使い道」です。
当然ですが、私的に流用することは許されません。

他の相続人に説明を求められた際にきちんと説明できるよう

・領収書の保管
・関係資料の保管(領収書がでない場合)

が大変重要です。

最後に

ここまで「口座凍結前に預金を引き出すときの注意点」について解説いたしました。
念のために申し上げておきますが、私は専門職として

「口座凍結前に預金を引き出すこと」は全く推奨しておりません
基本的には、正規の手続きを踏んでください。

ただ、このページをご覧いただいた方の中には「既にお金を引き出してしまった」という方もいるでしょう。
その方が無用な親族トラブルに巻き込まれないために、上記の対処法をお伝えしたまでです。

まとめ

ここまでが「口座凍結前に預金を引き出す場合の注意点」です。
このページの内容をご理解いただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・口座凍結前に故人の預金を引き出すケースは少なくない
・この方法は正規の預金相続方法ではない
・この場合は相続トラブルになるリスクがある
・引き出してしまった場合は、可能な限りで事後の対処を


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ