国立市への相続出張相談・手続きを司法書士が支援

国立市での相続相談(司法書士・行政書士)

相続手続きの悩み・心配
ひとりで抱え込んでいませんか?

被相続人名義の不動産・銀行預金・株式がある場合には、
相続人への相続手続き(名義変更ほか)が必要となります。

相続というのは、生涯で何度も経験することではありません。
相続手続きに慣れているという方は、ほとんどいらっしゃらないため、多くの方が初めての相続手続き・慣れない相続手続きに不安・心配を抱えています。

このような相続手続きの悩み・心配をお持ちではないですか?

「どう相続手続きを進めればいいのかわからない..」
「相続手続きに必要な書類がわからない..」
「平日に役所に行くのが難しい..」
「費用がいくらかかるのか不安..」
「身近に相続の相談をできる専門家がいない..」
「なるべく早く相続手続きを終わらせたい..」
など

相続に関して身近に相談できる専門家がいるという方は、ほとんどいらっしゃいません。

そのため、本当は相続手続きをしなければならないと思っているのに、どこの誰に相談したらいいのかわからず、また、面倒な手続きなので先延ばしにされている方も多くいらっしゃいます。

相続手続きをされないままの方もおられますが、手続きを行わなかったために後になって大変お困りになる方も多くいらっしゃいます。

《すぐに相続手続きをしなかったことにより起こりうる不利益の一例》
・相続関係が複雑になり、話し合いでトラブルになってしまう..
・相続手続きに関して、通常よりも多くの費用と時間がかかる..
・延滞金(罰金)の支払いが必要になる場合もある..
・円満な家族・兄弟関係がギスギスする原因となってしまう..

このような相続の悩み・不安を抱えているのはあなただけではありません。
毎年、多くの方が頭を悩ませている問題なのです。

でも、ご安心ください!あなたは、もうひとりではありません。

当事務所は、相続手続き関して悩んでいる方々の「不安・心配を少しでも和らげたい」、「安心して日々の生活を送ってほしい」という気持ちから相続相談・相続手続きのサポートを行っております。

相続手続きを司法書士がフルサポート!
ほとんど何もせずに相続手続きの悩み・不安を解決できます。

平日に休みを取るのが難しい方、慣れない相続手続きに不安・心配を抱えている方は、当事務所にご相談いただくと、ほとんど自分で何もすることなく相続手続きをスムーズに完了させることができます。

国立市エリアの皆様のお役に立てますことを心より願っております。


国立市の皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

国立市エリアのお客様の声

司法書士による相続手続きの相談会(国立市)

国立市ほか 50代女性からの相談

国立市での相続手続き代行(司法書士)

国立市ほか 40代女性からの相談

国立市の相続手続き機関

ご自身で国立市の相続手続きをする際に参照ください。

・相続手続きの申請先(国立市の相続登記)
東京法務局立川出張所
立川市緑町4-2

・相続に必要となる書類の取得:国立市にお住まいの方
国立市役所(国立市に本籍のある戸籍・国立市の不動産評価証明書ほか)
東京都国立市富士見台2-47-1
最寄駅:国立駅(徒歩25分)、南武線谷保駅または南武線矢川駅(徒歩7~8分)

司法書士が相続の相談に対応いたします

国立市で司法書士による相続相談会を実施中

国立市への出張相談に対応

当事務所は「来店型」ではなく「司法書士による出張訪問型」を採用しております。

ご自宅やお近くのカフェなど、お客さまご指定の場所まで司法書士がおうかがいします。


国立市の皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

国立市の皆様へ:相続手続きのお役立ち情報を司法書士が解説!

相続が発生し、被相続人が遺言書を残していなかった場合には、当事者全員で話し合いをする必要がございます。

遺産相続で話し合いがまとまらないときは・・

話し合いの中で遺産相続の方法について相続人全員で合意できれば問題はありません。ですが、遺産分割協議が合意に至らないケースも少なくありません。
兄弟姉妹の仲が悪い場合などは、注意が必要です。

このような場合には、別の方法を考えなければなりません。
具体的には、裁判手続きに進むこととなります。
この先からは、遺産相続における裁判手続きについて紹介いたします。

相続トラブルのときは、まず遺産分割調停の申立て

話し合いが合意に至らない場合は、まず家庭裁判所へ調停の申し立てをしましょう。

※国立市であれば、東京家裁立川支部が管轄裁判所

遺産分割調停を申し立てずにいきなり遺産分割審判の申し立てをすることもできますが、先に遺産分割調停を申し立てるのが一般的です。

また、いきなり審判を申し立てても、裁判所の方で調停手続きを先に行うことが多いです。

遺産分割調停においては、調停委員・裁判官が各相続人の間に入り、遺産相続が円満にまとまるように方向性を示してくれたり、サポートをしてくれます。

調停により話し合いがまとまれば、裁判所において「調停調書」という書面が作成され、これをもって手続きは終了となります。

なお、調停調書は確定判決と同じ効力を持つため、その後相続人の中に内容を履行しない人がいれば、その人に対して強制執行をすることができます。

遺産分割調停が不調のときは、遺産分割審判に移行します

遺産分割調停が不成立となった場合は、遺産分割審判に移行することとなります。審判では、裁判官の職権による事実の調査・証拠調べ及び当事者の主張・立証の内容に基づき審判がされることとなります。

審判は、告知の日の翌日から2週間で確定します。内容に不満、不服のある相続人は、「即時抗告」という方法で不服申し立てをすることができます。

相続トラブルの専門家は弁護士です!

なお、相続人間で裁判手続きを利用する場合、弁護士を立てる相続人が多いです。

そのため、兄弟仲が悪い等のトラブルの要因があり、将来的に裁判沙汰になりそうなときは、遺言書を書いておく又は事前に弁護士等の専門家へ相談しておくことをお勧めします。

以上が遺産相続における裁判手続きの解説です。


国立市の皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産・銀行預金・株式ほか)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ