スポンサーリンク


旧民法が適用される相続とは?

相続が発生した場合、相続人等の法律関係は「民法」という法律の規定により決定します。

昔の民法(旧民法)と今の民法(現民法)とで規定が異なる箇所が多くあります。

昔に発生した相続手続きをする場合には、現民法ではなく旧民法(古い民法)が適用されることとなります。

このページでは、旧民法が適用される相続について解説いたします。

前提知識:現民法の規定について

まず、前提知識として現在の民法の規定をおさらいしましょう。

現民法は、昭和56年1月1日以降に発生した相続に適用されます。

相続人の順位と相続割合は以下のとおりです。
・第一順位 配偶者2分の1、子(直系卑属)2分の1

・第二順位 配偶者3分の2、親(直系尊属)3分の1

・第三順位 配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

代襲相続がある。但し、兄弟姉妹の代襲相続は一代限り。

旧民法の現民法と異なる点:注意すべき点について

旧民法の現民法とは異なる点、旧民法の注意が必要な点を紹介いたします。

一つ前の旧民法は、昭和23年1月1日~昭和55年12月31日の間の相続に適用される旧民法です。

この旧民法は現民法と相続分が異なり、代襲相続の規定も異なります。

旧民法の相続人の順位と相続割合は以下のとおりです。

・第一順位 配偶者3分の1、子(直系卑属)3分の2

・第二順位 配偶者2分の1、親(直系尊属)2分の1

・第三順位 配偶者3分の2、兄弟姉妹3分の1

代襲相続がある。

旧民法は、兄弟姉妹の代襲相続に制限はないため、延々と代襲相続が発生する可能性があります。(現民法と異なる)

更に一つ前の旧民法が適用される相続について

更に一つ前の旧民法は、昭和22年5月3日~昭和22年12月31日の間に発生した相続に適用される旧民法です。

この旧民法は、日本国憲法の施行に伴い定められた旧民法です。

相続人の順位と相続分に関しては、昭和23年1月1日~昭和55年12月31日までの相続に関して適用される旧民法と同じです。

兄弟姉妹の代襲相続の規定が無いという点が、先に説明した旧民法と異なります。

戦後の旧民法の規定は、以上のとおりです。

なお、戦前に発生した相続については戦前の旧民法が適用されることとなります。

以上が、旧民法が適用される相続についての解説です。

旧民法と相続のまとめ
・昔の相続は旧民法(昔の民法)が適用される。
・何十年も相続を放置しているときは、旧民法について考える必要がある。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ