スポンサーリンク


離婚した元配偶者に相続権はあるか?

故人の死亡により相続権を持つ人物は法律により定められています。

基本的に、配偶者は相続権を持ちます。
では、離婚した元配偶者の立場はどうなるのでしょうか?

このページでは「離婚した元配偶者の相続権」について解説いたします。

配偶者は相続権を取得する

婚姻関係にある配偶者は、もう一方の配偶者が死亡したとき必ず相続権を持ちます。

故人に「子」がいる場合であっても、配偶者相続人としての権利を取得するのです。

離婚により配偶者ではなくなる

しかし、婚姻関係にある男女がやむなく離婚するということもありうる話です。

離婚により両者は夫婦ではなくなります。
要するに、離婚すると配偶者ではなくなるのです。

元配偶者に相続権はない

さて、このページの本題です。
結論から申し上げますと、離婚した配偶者には一切の相続権はありません

配偶者でない=法定相続人でない

そもそも、相続する権利を持つ人(相続人)というのは、法律の規定により定められています。

相続権を持つのはあくまで「配偶者(現)」です。
そのため、離婚した元配偶者については相続権がないのです。

離婚後同居していた場合でも結論は同じ

離婚後も同居していた・婚姻継続中と実生活において何ら変わりがなかったとしても、結論は変わりません。

・実生活におけるパートナーであること
・法律上の配偶者であること

は別問題なのです。

婚姻関係が終了している以上、配偶者とはいえず相続権を取得することはできません。

夫婦としての関係が破たんしていても、離婚していなければ相続権あり

反対に「夫婦としての関係は既に破綻しているけれど離婚届を提出していない」というケースもあると思います。

この場合は、相手方は相続権を取得します。
たとえ夫婦関係が破たんしていたとしても、離婚していない以上2人は夫婦なのです。

繰り返しになりますが、

・実生活における夫婦関係があること
・法律上の夫婦であること

は別問題なのです。

そのため、配偶者として他方の遺産相続について当然に相続権を有します。

故人が離婚・再婚していた場合の相続権

故人が生前に「離婚・再婚」をしていた場合には親族関係が複雑になります。

・元配偶者
・現配偶者

が登場するためです。

相続権があるのは現在の配偶者のみ

先ほどから説明しているように「離婚した元配偶者」には一切の相続権はありません。

そのため、故人に離婚・再婚歴があるケースにおいて相続権を取得するのは現在の配偶者のみとなります。

元配偶者との間の子供は相続権を取得する

少し紛らわし論点ですが、「元配偶者との間に生まれた子」の相続権について説明します。

元配偶者(元夫・妻)には一切相続権はありません。
しかし、その間に生まれた子に関しては相続権を取得します

【子は相続人】

そもそも、「故人の子」は相続人となります。
これについては、「誰との間に産まれた子なのか」ということは関係ないのです。

「故人の子」であれば婚外子であっても相続権を取得します。

紛らわしい論点ですが

・元配偶者自身には相続権はない
・元配偶者との間に産まれた子については相続権がある

ということを覚えておいてください。

まとめ

ここまで「離婚した元配偶者は相続権を取得するか」について解説いたしました。
元配偶者に相続権はないということを覚えていただき、今後の遺産相続にお役立て下さい。

・配偶者は相続権を取得する
・離婚すると元配偶者に相続権はない
・離婚後も夫婦のように暮らしている=資格なし
・夫婦関係が破綻しているが離婚していない=資格あり


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ