スポンサーリンク


東京23区:名寄帳はどこの都税事務所に請求する?

故人の遺産に不動産が含まれるケースは大変多いです。
相続手続きを始める前には、まず不動産の調査を行いましょう。

不動産調査の段階で役立つ書類が「名寄帳」です。

一般的に名寄帳は不動産所在地の市区町村に請求するものです。
しかし、東京23区については取扱いが少々異なります。
請求先が「都税事務所」となるのです。

都税事務所は東京23区の各区に置かれています。
名寄帳を取得したいとき、請求先の都税事務所には注意が必要です。

このページでは「東京23区で名寄帳が取得できる都税事務所」について解説いたします。

前提知識:名寄帳・都税事務所について簡単に説明します

名寄帳とは?

まず、名寄帳という書類について簡単に説明いたします。
名寄帳とは「所有不動産の一覧表」とお考えください。

なお、名寄帳は市区町村単位で作成されます。

立川市に名寄帳を請求

立川市にある所有不動産の一覧表(名寄帳)が発行される

というようになります。

都税事務所とは?

次に都税事務所についても簡単に説明したいと思います。

通常、名寄帳は各市区町村役所にて取得するものです。

しかし、東京23区は取扱いが特殊です。
各区役所に請求をしても、名寄帳は交付されないのです。

では、どこに請求すればいいのでしょうか?
その役所が「都税事務所」です。(税務署とも違います。)

都税事務所は各区にひとつずつ設置されています。


豊島都税事務所
新宿都税事務所
練馬都税事務所
など

詳細は都税事務所のHPをご参照ください。
豊島区の都税事務所

名寄帳の請求は不動産所在地の区の都税事務所へ

ようやく本題です。

名寄帳請求先の都税事務所について解説いたします。

結論から申し上げますと、名寄帳はどこの都税事務所でも取得できるわけではありません。
名寄帳の請求は不動産所在地の区の都税事務所へ請求してください。

以下、具体例をもとに解説いたします。

豊島区の不動産に関して名寄帳を取得したい→豊島都税

豊島区にある不動産について名寄帳を取りたいという事例を想定してください。この場合、名寄帳の請求先は「豊島都税」です。

東京23区内ほかの都税事務所に行っても名寄帳は取得できませんのでご注意ください。

「不動産所在地の都税事務所に請求。そんな当たり前のこと言わないでください」

ここまでの解説をお読みいただき、このように思われた方も多いと思います。仰るとおりです。ごく当たり前のことを言っています。

ただ都税事務所の取扱いについて、下記の事項と混同する方がいらっしゃいます。
そのため、ごくごく当たり前のことを解説したのです。

評価証明書はどこの都税事務所でも取得できる!

相続登記の際には「固定資産評価証明書」という書類の準備が必要になります。
この書類も都税事務所で取得するものです。

評価証明書取得に関する取扱いが名寄帳と非常に混同しやすいのです。

現在、東京23区内の不動産であれば「どこの都税事務所であっても評価証明書の取得が可能」です。

具体例でいうと
【葛飾区の物件の評価証明書→豊島都税でも取得できる】
ということです。

そのため「都税事務所は連携しているから何区の役所でも大丈夫」と思い込み、管轄違いの都税事務所に名寄帳を請求する方が出てくるのです。

・評価証明書→東京23区内のどの都税事務所でも取得可
・名寄帳→不動産所在地の都税事務所のみ対応可能

この点をきっちり覚えておいてください。

まとめ

ここまで「東京23区で名寄帳の請求先となる都税事務所」について解説いたしました。

不動産所在地を管轄する都税事務所に請求するということを覚えていただき、今後の相続登記の準備にお役立てください。

・東京23区では名寄帳の請求先は都税事務所
・都税事務所は各区にひとつずつある
・請求先は不動産所在地の都税事務所へ
・(固定資産評価証明書の取扱いと混同注意)


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ