練馬区の投資信託・債券の相続(司法書士)

練馬区の方の投資信託・債券の相続代行

相続手続きの悩み・心配
ひとりで抱え込んでいませんか?

被相続人名義の投資信託・債券がある場合には、
相続人の方への相続手続きが必要となります。

相続というのは、生涯で何度も経験することではありません。
相続手続きに慣れているという方は、ほとんどいらっしゃらないため、多くの方が初めての相続手続き・慣れない相続手続きに不安・心配を抱えています。

このような相続手続きの悩み・心配をお持ちではないですか?

「どう相続手続きを進めればいいのかわからない..」
「投資信託・債券の相続手続きに必要な書類がわからない..」
「平日に銀行・証券会社に行くのが難しい..」
「費用がいくらかかるのか不安..」
「身近に遺産相続の相談をできる専門家がいない..」
「なるべく早く投資信託・債券の相続手続きを終わらせたい..」
など

投資信託や債券の相続手続きに関して身近に相談できる専門家がいるという方は、ほとんどいらっしゃいません。

そのため、本当は相続手続きをしなければならないと思っているのに、どこの誰に相談したらいいのかわからず、また、面倒な手続きなので先延ばしにされている方も多くいらっしゃいます。

相続手続きをされないままの方もおられますが、手続きを行わなかったために後になって大変お困りになる方も多くいらっしゃいます。

《すぐに相続手続きをしなかったことにより起こりうる不利益の一例》
・相続関係が複雑になり、話し合いでトラブルになってしまう..
・相続手続きに関して、通常よりも多くの費用と時間がかかる..
・延滞金(罰金)の支払いが必要になる場合もある..
・円満な家族・兄弟関係がギスギスする原因となってしまう..

このような相続の悩み・不安を抱えているのはあなただけではありません。
毎年、多くの方が頭を悩ませている問題なのです。

でも、ご安心ください!あなたは、もうひとりではありません。

当事務所は相続専門の司法書士として投資信託・債券の相続手続き関して悩んでいる方々の「不安・心配を少しでも和らげたい」、「安心して日々の生活を送ってほしい」という気持ちから相続手続きのサポート(投資信託・債券)を行っております。

投資信託・債券の相続手続きを司法書士がフルサポート!
ほとんど何もせずに相続手続きの悩み・不安を解決できます。

平日に休みを取るのが難しい方、慣れない相続手続きに不安・心配を抱えている方は、当事務所にご相談いただくと、ほとんど自分で何もすることなく相続手続きをスムーズに完了させることができます。

練馬区の皆様のお役に立てますことを心より願っております。


練馬区の皆様にお届けする投資信託・債券の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(株式・投資信託・債券ほか)

練馬区ほかのお客様の声

練馬区での投資信託・債券の相続代行

練馬区ほか 30代女性(投資信託・債券の相続)

投資信託の遺産整理業務(練馬区・司法書士)

東京都練馬区 50代男性(不動産・投資信託の相続)

司法書士が投資信託・債券の相続手続きをサポートいたします

投資信託・債券の遺産相続代行(練馬区)

練馬区への出張相談(投資信託・債券)に対応

当事務所は「当事務所での相談(池袋)」のほか「司法書士による出張相談(ご自宅など)」にも対応しております。

練馬区のご自宅(喫茶店)など、お客さまご指定の場所まで司法書士がお伺いすることも可能ですので遠慮なくお申し付けください。


練馬区の皆様にお届けする投資信託・債券の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(株式・投資信託・債券ほか)

練馬区の皆様へ:相続手続きのお役立ち情報を司法書士が解説!

相続があったときに、いちばん最初にするべきことが「相続人の確定」です。

被相続人に血縁関係のない子がいるといったケースが稀にございます。

連れ子と遺産相続はどういう関係にあるのでしょうか?

このページでは、血縁関係のない連れ子と遺産相続について解説いたします。

養子縁組の有無により結論が分かれます

連れ子に相続権があるかどうかは、養子縁組の有無によって結論が分かれます。

(前提知識)
第1順位の相続人は自分の「子」です。=子は相続できる。

以下、具体的事例をもとに連れ子の遺産相続について解説いたします。

【相続事例:被相続人Aには配偶者B、子C、婚姻時のBの連れ子Dがいる】

このとき、配偶者B・子Cは当然に相続する権利があります。
問題は連れ子Dです。

これは、先ほどもお伝えしたとおり養子縁組の有無によって結論が分かれます。

1.相続権について

【被相続人と養子縁組をしていない場合=連れ子に相続権なし】

今回は、「A」と「D」との間には血縁関係はありません。

血縁関係無い=子ではない=相続権を持たないというのが結論です。

AとDが養子縁組をしていない場合は、血縁上・法律上の親子関係が無いことになりますので、連れ子は相続権を持ちません。

事実上の親子と法律上の親子の区分がされているということです。

【被相続人と養子縁組している場合=連れ子に相続権あり】

被相続人と養子縁組している場合には結論が真逆になります。

被相続人と連れ子は血縁関係にはありません。しかし、養子縁組により法律上の親子となり相続権を持つのです。

実子も養子も同じ身分として扱われる

子は相続する権利があります。これは、実子、養子の区別はありません。
子であれば第1順位の相続人となります。

なお、養子縁組は届出が必要な行為です。何十年と事実上の親子関係にあったとしても養子縁組の届出をしていないと法律上の親子関係は成立しません。

連れ子にも自分の財産を残したい、遺産を与えたいというときは養子縁組をしておくことが必要です。

相続割合について

続いては、連れ子の相続分についてです。

子が相続するとき、実子と養子を法律では区別しておりません。

ですので、実子と連れ子の相続分は同じです。
相続人が実子Cと連れ子Dの場合、相続分は各2分の1ずつになります。

以上が、相続手続き(投資信託・債券ほか)に関するお役立ち情報です。


練馬区の皆様にお届けする投資信託・債券の相続手続きの詳細
(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(株式・投資信託・債券ほか)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ