スポンサーリンク


相続人でない人物が遺産を取得する方法はある?

遺産相続に関して権利を持つ人物(相続人)は法律の規定により定められています。

具体的には、

・配偶者
・子

などが相続人に該当します。

ただ、遺産相続の事例は様々です。
「相続人以外の人物に遺産を承継してもらいたい」という事例もごく稀に存在します。

相続人以外の人物が遺産を取得する方法はあるのでしょうか?

このページでは「相続人でない人が遺産を承継する方法」について解説いたします。

相続人でない人物に遺産を相続させる事例とは?

遺産相続では様々なケースが存在します。

通常であれば

・配偶者
・子

といった法定相続人が遺産を承継します。

しかし、場合によっては「相続人以外の人物」に遺産を取得させたいという事例もあるのです。

内縁の配偶者

内縁の配偶者は、その代表例です。

現行の制度では、内縁の配偶者は法定相続人となりません。
事実婚では配偶者の地位を取得しないのです。

そのため、内縁の配偶者は通常であれば遺産を取得する権利は持ちません。

育ての親と子(養子縁組をしていなかった)

血縁上の親子関係にはなかったが、実生活では親子として暮らしているというケースがあります。

「育ての親・子(血縁関係はない)」というケースです。

この場合、養子縁組の有無によって子供が相続権を取得するかどうか結論が分かれます。

・養子縁組あり→相続権あり
・養子縁組なし→相続権なし

という結論になります。

・実生活における親子関係
・法律上の親子関係

にはズレがあります。

養子縁組をして場合には「養親・養子」として法律上の親子関係が成立します。したがって、相続権を取得します。

しかし、養子縁組をしていない場合には「親子関係」は存在していません。したがって、法定相続人とならないのです。

法定相続人でない人物が遺産を取得する方法

ここまで法定相続人に該当しない人物として

・内縁の配偶者(事実婚)
・養子縁組をしていない「育ての親・子」の関係

を紹介いたしました。

これらの人物が相続財産を取得できる可能性はあるのでしょうか?
答えは「YES」です。

100%とは言えませんが、遺産を取得できる可能性は残っています。
以下、これらの人物が遺産を取得できる方法について解説いたします。

相続分の譲渡

「相続分の譲渡」という制度があります。
簡単に概要について紹介いたします。

相続発生に伴い、法定相続人は「相続分」を取得します。

【相続分の例】
故人:A
相続人:長男B、次男C

長男B:2分の1
次男C:2分の1
の割合で相続分を取得

相続分譲渡とは、

・法定相続人が取得する相続分を他人に譲渡できる

という制度です。
なお、譲渡先は「相続人以外」でもOKです。

相続人の方と交渉をして承諾をもらえれば、相続人以外でも遺産を取得することが可能となるのです。

特別縁故者に対する財産分与

こちらは「故人に法定相続人が存在しない事例でのみ」使用可能です。
法定相続人が存在する場合には、上記の「相続分譲渡」の方法しか使えません。

相続人不存在の事例では、最終的に財産は国庫に帰属してしまいます。
その前段階として「特別縁故者での財産分与」という制度があります。

・法定相続人ではないけれど
・故人と特別な縁故関係にあった人
(内縁の配偶者・実生活上の親子など)

これらに該当する人物は、特別縁故者として遺産を取得できる可能性があります。

(法定相続人が存在しない事例に限ります。)

相続発生前にできること

ここまで紹介した2つの方法は、

・相続発生後
・相続人以外の人物が遺産を取得する方法

についての解説です。

なお、相続対象者となる方が健在のうちであれば別の方法も考えられます。
以下、相続発生前の方法について解説いたします。

遺贈(遺言書を書く)

遺言書で財産を贈与することを「遺贈」とよびます。
遺贈の対象(受遺者)は、相続人に限られません。

元気なうちに遺言書を書いてもらうことで、相続人でない人物に遺産を与えることも可能となるのです。

養子縁組をしておく

・育ての親
・子(血縁関係はない)

という関係では、「養子縁組の届出漏れ」が少なくありません。

元気なうちに養子縁組の届出をしておくとよいでしょう。

養子縁組の届出を行うと両者に「法律上の親子関係」が発生します。
その結果、相続発生時に「子」として相続人の地位を取得するのです。

まとめ

ここまで「相続人でない人物が遺産を取得する方法」について解説いたしました。
このページの内容を参考にしていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・相続権を取得する人=法定相続人
・相続人以外の人が遺産を取得したいというケースも稀にある


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ