スポンサーリンク


再代襲相続とは?

(前提知識)
代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。


相続が発生し相続人となる人が既に死亡しているときは、代襲相続によって孫が代襲相続人になります。

では、孫が死亡していた場合にはどうなるのでしょうか?
このページでは、再代襲相続について解説をいたします。

代襲相続人も既に死亡しているとき:再代襲相続が起こる可能性あり

【再代襲相続の具体的事例】
被相続人A(祖父)が死亡。既にB(父)・C(孫)も死亡している。
D(=Cの子:Aのひ孫)がいる。

このとき、孫の子(=ひ孫)がいればその人が相続人となります。
代襲相続人を更に代襲相続する。これを再代襲相続といいます。

再代襲相続が発生する場合と発生しない場合があります

再代襲相続は代襲相続人が死亡している場合に適用されます。

ですが、再代襲相続というのは全てのケースに適用されるわけではありません。

再代襲相続の説明の前に、前提知識として代襲相続には2種類の代襲相続があることを解説します。

【代襲相続1:子(直系卑属=下の世代)の代襲相続】

祖父の相続発生以前に子が死亡している場合、孫が代襲相続する。

【代襲相続2:兄弟姉妹の代襲相続】

長男Aの相続が発生し、子(孫)・親(祖父母)がいない、兄弟姉妹がいる。

兄弟姉妹のうち長男Aより前に死亡した方がいるとき、その方の子(甥・姪)が代襲相続する。


上記のように、代襲相続には子(直系卑属)の代襲相続・兄弟姉妹の代襲相続があります。

再代襲相続が適用されるのは、子(直系卑属)の代襲相続のみです。
兄弟姉妹の代襲相続には、再代襲はありません。

再代襲相続の具体例を紹介します

再代襲相続の具体的事例

【直系卑属の再代襲相続】

祖父に相続が発生し、子が既に死亡している、孫も既に死亡している=ひ孫が相続する(再代襲相続)

再代襲相続の世代に限定はなく、何代にわたってでも再代襲相続できます。

【兄弟姉妹の再代襲相続※再代襲なし】

長男Aに相続が発生し、子(孫)・親いない、兄弟姉妹いる。

兄弟姉妹の中に長男Aより先に死亡した次男Bがいる。
次男Bの子C(甥・姪)も既に亡くなっている。

甥・姪に子がいたとしても、その人に再代襲相続権はない。(再代襲なし)

以上が、再代襲相続についての解説です。

【再代襲相続について:まとめ】
・代襲相続には2種類ある
・子(直系卑属=下の世代)の代襲相続=再代襲あり
・兄弟姉妹の代襲相続=再代襲なし


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ