スポンサーリンク

再代襲相続とは?

故人が亡くなる前に「子」が死亡している場合、子の子(孫)が相続人となります。
これは「代襲相続」という規定です。

では、孫(代襲相続人)も既に死亡していた場合にはどうなるのでしょうか?
再び代襲相続が適用されるのでしょうか?

このページでは、再代襲相続について解説をいたします。

代襲相続人も既に死亡している:再代襲相続を考える必要あり

代襲相続人が先に死亡している場合には「更なる代襲相続」の発生を考える必要があります。

複数回にわたる代襲相続のことを「再代襲相続」といいます。

再代襲相続は代襲相続人が死亡している場合に適用されます。

全てのケースで再代襲相続というわけではない

なお、再代襲相続というのは全てのケースに適用されるわけではありません。

再代襲相続が適用されるかは、

1.子(直系卑属)の代襲相続
2.兄弟姉妹の代襲相続

の違いによって結論が分かれます。

まず、前提知識として「子の代襲相続・兄弟姉妹の代襲相続」についてそれぞれ解説いたします。

1.子(直系卑属)の代襲相続とは?

まず、子の代襲相続について具体例をもとに紹介いたします。

【基本事例】
・故人A
・Aには子Bがいたが、既に死亡
・Bには子C(Aから見た孫)がいる

このような場面を想定してください。

本ケースでは、本来相続人となるべき「子B」が先に死亡しています。
そのため、代襲相続が適用され孫Cが相続人となります。

これが、子(直系卑属)の代襲相続の具体例です。

2.兄弟姉妹の代襲相続とは?

次に兄弟姉妹の代襲相続について解説いたします。

【基本事例】
・故人A(独身:子なし)
・両親は既に他界
・兄Bがいたが、既に死亡
・兄Bには息子C(Aからみた甥)がいる

上記のようなケースを想定してください。

この場合、本来相続人になるべき「兄A」が先に死亡しています。
そのため、代襲相続により「甥C」が相続人となるのです。

これが、兄弟姉妹の代襲相続の事例です。

再代襲相続が適用されるのは「子(直系卑属)の代襲相続のみ」

ここまで「子(直系卑属)の代襲相続・兄弟姉妹の代襲相続」について解説をいたしました。

再代襲相続が適用されるのは「子(直系卑属)の代襲相続のみ」です。
兄弟姉妹の代襲相続には「再代襲相続」は適用されません。

以下、再代襲相続が問題となる事例について解説いたします。

子(直系卑属)の場合=再代襲相続あり

【基本事例】
・故人A
・子Bがいたが既に死亡
・孫Cもいたが既に死亡
・孫Cの子D(Aのひ孫)が存命

という事例を想定してください。

この場合、Aの相続人は「ひ孫D」となります。

本来相続人となるべき「子B」は既に亡くなっています。
そのため、代襲相続が発生する事例です。

また、代襲相続人となる「孫C」についても既に亡くなっています。
そのため、このケースでは「再代襲相続」が適用されるのです。

再代襲相続人として「ひ孫D」が相続人となります。

子(直系卑属)の再代襲相続は延々と続く

上記事例では「ひ孫」が再代襲相続により相続人となりました。

なお、制度上では「子(直系卑属の代襲相続)」では何世代でも代襲相続が続きます。
再代襲相続・再々代襲相続・・・」と続いていくのです。

兄弟姉妹の代襲相続=再代襲なし

ここから「兄弟姉妹の代襲相続」について解説いたします。
先ほど説明したとおり、兄弟姉妹には再代襲相続は適用されません

以下、具体例をもとに解説いたします。

【基本事例】
・故人A(独身:子なし)
・両親も既に他界
・兄弟姉妹として(姉B・兄C)がいる
・姉Bは存命
・兄Cは既に他界
・兄Cには息子D(Aの甥)がいたが、既に死亡
・甥Dには子Eがいて存命である

上記のような事例を想定してください。

この場合、相続人に該当するのは誰でしょうか?
正解は「姉B」のみです。

甥の子は相続権を取得しない

上記事例において、本来相続人となるべき「兄B」は既に他界しています。

兄Bには息子がいましたので、このケースは代襲相続の事例です。
本来であれば、代襲相続人として「甥D」が相続人となります。

ですが、本ケースでは「甥D」も既に死亡しています。
この場合、「甥Dの子であるE」は相続権を取得することはありません。

再代襲相続は起こらないのです。

兄弟姉妹の代襲相続=再代襲なし(一代限り)

子(直系卑属)の代襲相続では、再代襲があり・再代襲は延々と続きます。

これに対し、兄弟姉妹の方では再代襲はありません。
代襲相続は発生しますが、それ以降の代襲相続は適用されないと覚えておいてください。

まとめ

ここまで再代襲相続についての解説いたしました。
代襲相続の制度についてご理解いただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・代襲相続には2種類ある
・子(直系卑属=下の世代)の代襲相続=再代襲あり
・兄弟姉妹の代襲相続=再代襲なし


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ