スポンサーリンク

生命保険の請求・受取には?

遺産相続の場面で「生命保険金」がある事例は多いです。
被相続人が生命保険に加入されていた場合、受取人(家族ほか)は保険金を受け取る権利を持ちます。

なお、生命保険金の受取をするためには保険会社への請求をする必要がございます。

このページでは、生命保険の請求・受取について解説いたします。

生命保険は請求しないと受け取れません

生命保険の加入者が死亡した場合、こちらから生命保険会社へ請求をしない限り生命保険金の支払いを受取ることはできません。

また、長期間請求をしないままでいると生命保険金請求権が時効により消滅してしまいます。
結果として、保険金の請求・受取ができなくなってしまいます。

生命保険は相続財産になるの?

では、生命保険とは相続財産になるのでしょうか?
これは、誰が生命保険の受取人として指定されているかによって異なります。

・相続人のうち特定の人物が生命保険の受取人として指定されている場合
(例:夫が死亡し、生命保険金の受取人は妻と指定されているケース)

この場合、生命保険金は妻の固有財産となります。
すなわち生命保険金は、被相続人の相続財産とはならないということです。

相続財産とはならないため、全ての生命保険を受取人が取得することとなり、生命保険金に関して遺産分割協議は必要ではありません。

税法上は取扱いが異なります

なお、遺産相続の場面では「みなし相続財産」という制度があります。

・一般的には相続財産には含まれない
・しかし税法上は相続財産に含められる

というものを「みなし相続財産」というのです。

税法上は民法と取扱いが異なり、生命保険金は「みなし相続財産」とされます。
結果として、相続税の課税対象となります。

≪みなし相続財産についての解説はこちら≫

生命保険の請求・受取方法について

次に、保険会社への生命保険金の請求・受取方法について解説します。

まず、請求のために受取人の方が保険会社へ被相続人の死亡の連絡(請求)をしましょう。

連絡(請求)をすると、保険会社から請求・受取に必要な書類一式が郵送されてきます。

請求用紙に必要事項を記入し、戸籍・死亡診断書・保険証券などの受取の必要書類を集めて保険会社へ返送すれば完了です。

その後、保険会社にて審査が行われ、問題がなければ保険金が受取ることができます。

生命保険の請求・受取には期限があるので要注意!

なお、生命保険金の請求・受取は期間制限があるため注意が必要です。

一定の期間を経過してしまうと時効により生命保険金請求権が消滅してしまいます。
結果的に、生命保険金の請求・受取ができなくなってしまうのです。

3年を生命保険の請求・受取期間としている保険会社が多いようです。

まとめ

ここまで生命保険の請求・受取についての解説いたしました。
早めに請求が必要と覚えていただき、今後の相続手続きにお役立てください。

・生命保険金は請求しないと受け取れない
・生命保険金は「みなし相続財産」となる
・生命保険金は時効があるので早めに請求するべき


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ