スポンサーリンク


相続人に認知症の人がいるとき:成年後見人とは?

相続が発生した場合に、認知症の相続人がいるケースがございます。

相続が発生すると、遺産分割協議で遺産の分割方法について決定することになりますが、認知症の相続人がいるときには注意が必要です。

このページでは、認知症と成年後見人について紹介いたします。

認知症の相続人がいるときは、成年後見人が必要!

遺産分割協議は法律行為といって健全な判断能力を持っていない人が参加すると無効な遺産分割協議となってしまいます。

具体的には、認知症の相続人は遺産分割協議には参加できません。

認知症の相続人には成年後見人という認知症の方をサポート(後見)する人の選任が必要となります。

認知症の本人が遺産分割協議に参加しても無効です!

認知症を発症されている方は正常な判断能力が無いということになります。

認知症の方は遺産相続のときに、自分ひとりで遺産分割協議(遺産についての話し合い)に参加できないというルールになっています。

もし、認知症の相続人が署名押印した遺産分割協議書を作成したとしても、無効になってしまうのです。

これは、認知症の方を保護するためです。
認知症の方が意味を理解しないまま遺産相続で不利益を被らないようにするためです。

では、認知症の相続人がいるときはどうすれば良いのでしょうか?
このような時には、認知症の方に成年後見人が必要になります。

成年後見人の役割とは

成年後見人とは認知症の方(成年被後見人)をサポートする役割にあります。

成年後見人は生活面・法律面で認知症の方(成年被後見人)を支援し、成年後見人は認知症本人の財産管理などをします。

相続の場面では、認知症の相続人に代わって成年後見人が遺産分割協議に参加することになります。署名押印をするのも成年後見人が行います。

成年後見人は、家庭裁判所に後見開始の申立てをすることで成年後見人が選任されます。

成年後見人は、親族が就任することもありますし、司法書士等の専門職が成年後見人になることも珍しくありません。

以上が、認知症の相続人がいるときの成年後見人についての解説です。

認知症と成年後見人のまとめ
・認知症の相続人がいるときは注意が必要
・認知症の人の遺産分割協議には成年後見人が必要


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ