スポンサーリンク


成年後見制度とは?

最近、「成年後見人」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

特に高齢の親を持つ方にとって、成年後見人制度は他人事ではなくなってきています。

このページでは、成年後見人制度の概要についてご紹介します。

成年後見制度とは?

成年後見人制度とは、精神上の障害(認知症・アルツハイマー病など)で判断能力が十分でない方々の財産・権利を保護ために作られた制度です。

判断能力の衰えてきた高齢者(成年被後見人)の方を保護するために成年後見人が選任されるという制度です。

家庭裁判所に成年後見人選任申立をすることで判断能力の衰えた高齢者をサポートする成年後見人が選任されます。

・判断能力の衰えた高齢者の方を「成年被後見人」といいます。
・成年被後見人をサポートする人を「成年後見人」といいます。

成年後見制度を利用する良い点

成年後見人制度を利用することによって、以下のような良い点がございます。

・成年被後見人が訪問販売などで高額な商品を買わされてしまっても、契約は当然に無効なので効力を生じない。

原則として、成年被後見人の契約などの法律行為は成年後見人が代理して行うこととなります。
例:成年被後見人の施設入所の契約・不動産の売却・遺産分割協議など

成年後見制度を利用すべき場面とは?

では、どのようなときに成年後見制度を利用すべきなのでしょうか?

具体的に成年後見制度に該当するケースは以下のとおりです。

・高齢者の方の判断能力に衰えが見え始めたとき

・認知症の親の不動産を売却して、治療費・施設費用に充てたいとき

・認知症の本人が相続人となっている相続の遺産分割協議をする場合

日常生活に必要な範囲の契約は成年被後見人でも出来る!

なお、成年後見人制度は「ノーマライゼーション(判断能力の衰えた方が、そうでない方と同じように生活を送れる社会の実現)」・残存能力の活用・自己決定権の尊重という考えをとても大切にしている制度です。

そのため、大きい買い物は自分ではできませんが、日常生活に必要な範囲の契約(コンビニでおにぎりを買う)は、成年被後見人であっても通常通り単独で行うことが出来ます。

以上が、成年後見人についての解説です。

【成年後見制度について:まとめ】
・認知症等により判断能力が十分でない方を保護するために「成年後見制度」がある
・成年後見人が付けられると、本人の財産を守ることができる


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ