スポンサーリンク


相続権が剥奪される:廃除とは?

相続廃除(排除)という制度があります。
廃除(排除)とは、亡くなった方(被相続人)の意思によって相続人の相続する権利を剥奪する制度です。

相続する権利が剥奪されるという点は相続欠格と似ていますが、亡くなった方が自分の意思で決められるという点が相続廃除(排除)特有の点です。

このページでは、相続廃除(排除)について紹介します。

廃除とは

廃除(排除)とは、亡くなった方(被相続人)の意思によって相続人の相続する権利を剥奪する制度です。

排除された相続人は、相続権を失ってしまいます。

廃除(排除)の対象となるのは、遺留分を有する推定相続人(配偶者・子・父母)となります。兄弟姉妹は、廃除(排除)の対象とはなりません。

廃除できるのはどんな時?

廃除は相続関係に大きな影響があるため、相続人が以下のいずれかに該当した場合に限って廃除(排除)が認められます。

廃除(排除)事由1:被相続人に対する虐待
廃除(排除)事由2:被相続人に対する重大な侮辱
廃除(排除)事由3:その他の著しい非行

ただし、これらの廃除(排除)事由に該当する場合でも当然に廃除(排除)の効果が発生するわけではありません。

廃除の効力を発生させるためには

廃除(排除)の手続きを行うには、2種類の方法があります。

1.被相続人が亡くなる前に家庭裁判所へ申し立てる方法
※家庭裁判所へ廃除(排除)の申し立てをし、認められて初めて廃除(排除)の効力が生じる。

2.遺言書に書いておく方法(遺言廃除)

廃除の効果:その後の相続関係について

廃除(排除)の効果が発生すると、被相続人が亡くなった際に廃除(排除)された相続人は相続する権利を有しません。

ただ、初めから相続人でなかったとみなされるわけではないので、代襲相続の発生原因となります。

祖母Aが亡くなり、母B(Aの子)が廃除(排除)されている時は、子C(Aの孫、Bの子)はBを代襲して相続人となるということです。

この点は、相続放棄とは正反対の結論となり、相続欠格と同じ結論となります。

≪相続放棄と代襲相続についての解説はこちら≫

廃除は取り消しすることも出来ます!

最後に、廃除(排除)の取り消しについて解説いたします。

生前に自分の相続人を廃除(排除)した場合でも、年月を重ねるうちに和解し、廃除をしているけれども相続させても構わないという心変わりをするケースもございます。

このような場合には、廃除(排除)の取り消しが認められています。

廃除(排除)の取り消しは、生前に申し立てる方法・遺言で廃除を取り消す方法が考えられます。

取り消しによって廃除(排除)の効果は消滅し、相続人の相続権は復活します。

なお、相続欠格は、いかなる事由があった場合でも、相続権の復活はありませんので相続廃除(排除)とは正反対の結論となります。

以上が、相続廃除についての解説です。

≪相続権が剥奪される:相続欠格についての解説はこちら≫

【相続廃除について:まとめ】
・廃除=自分の意思により相続人の相続権を剥奪できる。
・廃除は家庭裁判所に申し立てる、又は遺言書で廃除する。
・心変わりしたときは、廃除を取り消すことができる。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ