スポンサーリンク


相続分譲渡証明書の書式、書き方

相続が発生すると各相続人は法律の規定に基づいた相続割合を持ちます。この割合のことを「法定相続分」と呼びます。

相続分のとおり遺産相続をするケースはあまり多くない

【相続分の具体例:故人Aさんの相続】
相続人:妻B、長女C、長男Dの3名
相続分:妻B(2分の1)、子C、D(4分の1ずつ)
となります。

しかし、法定相続分のとおりに相続を進めていくケースは、あまり多くはありません。
当事者間の話し合いで、どのように相続することも可能なのです。

例えば、「自宅」については引き続き居住する方が相続するというケースが圧倒的に多いです。

相続分譲渡という制度があります。

通常であれば、遺産分割協議によって相続分(誰が何も相続するのか)を決めていきます。

ケースとしては稀ですが、自分の相続分を他の共同相続人に譲渡すること(相続分の譲渡)が制度として認められています。

相続分を譲渡した相続人は、相続しない=「遺産分割協議で相続分を放棄した」と同じ効果になります。

相続分譲渡証明書という書類を作成します!

なお、相続分の譲渡をする時には、証明書類として相続分譲渡証明書を作成する必要があります。

相続分譲渡証明書には特に決まった書式はございませんが、一例として参考にしてください。

相続分譲渡証明書の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続分譲渡証明書の書式・書き方を紹介します

相続人の一人が他の相続人に相続分譲渡する場合の相続分譲渡証明書

相続分譲渡証明書

【被相続人の表示】
被相続人 巣鴨 二郎
本籍 東京都文京区駒込○○番地
最後の住所地 東京都豊島区西巣鴨○丁目○番○号
生年月日 昭和○○年○月○日
相続開始日 平成○○年○月○日

私は上記被相続人の相続につき、下記の者に自己の相続分全部を譲渡します。

平成○○年○月○日

相続分譲渡人相続人 東京都北区王子○丁目○番○号 北 弘樹(実印)

相続分譲受人 東京都練馬区上石神井○丁目○番○号 練馬 聡 殿

以上が相続分譲渡証明書の書き方・書式となります。

以下、書類作成にあたってのポイントを解説いたします。

相続分譲渡証明書の作成方法

上記で紹介した書式を参考しながら作成してください。

その際に

・被相続人の表示(氏名・住所・本籍地など)
・相続分を譲渡する人の住所氏名
・譲り受ける人側の人の住所氏名

を盛り込んでください。

また、譲渡する人については、「実印での押印・印鑑証明書の添付」をしてください。

相続分譲渡と同じ効果を得られる他の方法

財産を相続しないためには、相続分譲渡証明書を作成するほかに

・特別受益証明書を作成する
・遺産分割協議において相続分を放棄する(これが一般的)

といった方法もございます。

どちらかと言えば、「相続分の譲渡をする:相続分譲渡証明書をつくる」というのは珍しく、遺産分割協議による方法がメジャーです。

まとめ

ここまで「相続分譲渡証明書の書式・ひな形」を紹介いたしました。
ご自身で相続分譲渡証明書を作成される際の参考書式としてお役立てください。

・相続分を誰かに譲渡するときには相続分譲渡証明書の作成が必要
・相続分譲渡した人は、財産を相続しなくなる
・相続分の譲渡はあまり利用されていない(遺産分割協議がメジャー)


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ