スポンサーリンク

3ヶ月期間経過後の相続放棄はできる?

被相続人の借金を相続すること回避するためには家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。

相続放棄には3ヶ月という期間制限があり、原則は自分が相続人であることを知ってから3ヶ月経過前に家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。

では、3ヶ月経過後は一切相続放棄が認められないのでしょうか?

実はそうではありません。3ヶ月の期間経過後であっても相続放棄が認められるケースは多くあります。

このページでは、3ヶ月の期間経過後に相続放棄できるかについて解説いたします。

相続放棄の期間は原則3ヶ月以内

原則、相続放棄をする場合は3ヶ月経過前に家庭裁判所への申述が必要となります。

この3ヶ月の期間を「熟慮期間」とよびます。
(このあいだに考えてくださいという期間)

3ヶ月の期間内に相続放棄をしなかった場合、法定単純承認事由に該当します。

・法定単純承認事由に該当=単純承認したとみなされる

となるのです。

単純承認したということは、それ以降相続放棄できなくなるということを意味します。

それ相応の理由があるとき:3ヶ月後でも相続放棄出来ることが多い

ただ、どの事例でも「相続発生後3ヶ月」を適用することは酷です。
厳格に適用する結果、多くの方が借金を背負い込んでしまう可能性もあるのです。

そのため、3ヶ月経過前に相続放棄をしなかったことにつき相当な理由がある場合には、3ヶ月を経過している場合であっても相続放棄できるケースが多いと言われています。

相当な理由とは、被相続人の負債を知らなかった場合などが該当します。
以下、具体例をもとに解説いたします。

具体例:数年経過後にいきなり故人の借金の請求がきた場合

例えば、相続発生から数年経過後に被相続人の借金の請求書が送られてきた場合を想定してください。

この借金について相続人は全く知らなかったという状態です。

このようなケースで相続放棄が一切認められないとしてしまうと、相続人の皆さんが多額の借金を背負うこととなります。

債務を支払えない場合には自己破産などの手段をしなければ生活が成り立たなくなってしまいます。

このような場合は、3ヶ月の期間経過後であっても相続放棄出来ることが多いと言われています。
3ヶ月以内の相続放棄をしなかったことにつき「正当な理由」があるからです。

債務を知ってから3か月以上放置するのは危険

ただ、相当な理由があっても3ヶ月経過している場合には注意が必要です。
間違っても「故人の借金の請求書の到着」から3ヶ月以上放置することは止めてください。

このような場合には、借金の存在を知ってから3ヶ月経過前に相続放棄の申述をしなければならないのです。

請求書が届いているにも関わらず、それを放置してしまうことは大変危険です。

借金の存在を知っていながら、3ヶ月経過前に相続放棄の申述をしなかったということは相続放棄をする意思がない(単純承認)と裁判所に認定される可能性がございます。

最悪の場合、借金を承継する結果となってしまいます。

3ヶ月経過後の相続放棄は手続きが難しい

なお、上記で説明したような「3ヶ月を経過した相続放棄」はあくまでも例外であります。

3ヶ月経過後の相続放棄は通常の場合よりも提出書類が増え、相続放棄が大変です。
(なぜ3ヶ月を超えているのか、相当な理由について弁明が必要)

そのため、弁護士・司法書士事務所において3ヶ月経過後の相続放棄は「通常の相続放棄」よりも報酬が少し高く設定していることが一般的です。

相続放棄は一度失敗してしまうと、再度やり直しということはできません。ですので、自分で相続放棄するか専門家に任せるか慎重な判断が必要です。

まとめ

ここまで3ヶ月経過後の相続放棄の可否についての解説いたしました。
3ヶ月経過していても相続放棄できる可能性があるということを覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・基本的には相続放棄は3か月以内
・ただし、例外的に3ヶ月経過後もOKの場合がある
・その場合は、期間経過について相当な理由が求められる
・あくまでも例外なので、3ヶ月経過後の相続放棄は手続きが複雑


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ