スポンサーリンク


3ヶ月期間経過後の相続放棄はできる?

被相続人の借金を相続すること回避するためには家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。

相続放棄には3ヶ月という期間制限があり、原則は自分が相続人であることを知ってから3ヶ月経過前に家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。

では、3ヶ月経過後は一切相続放棄が認められないのでしょうか?

実はそうではありません。3ヶ月の期間経過後であっても相続放棄が認められるケースは多くあります。

このページでは、3ヶ月の期間経過後の相続放棄について解説いたします。

相続放棄の期間は原則3ヶ月以内

原則、相続放棄をする場合は3ヶ月経過前に家庭裁判所への申述が必要となります。

3ヶ月の期間内に相続放棄をしなかった場合、法定単純承認事由に該当し、単純承認したとみなされます。(相続放棄できなくなるということ)

しかし、3ヶ月経過前に相続放棄をしなかったことにつき相当な理由がある場合には、3ヶ月を経過している場合であっても相続放棄できるケースが多いと言われています。

借金が明らかになったとき等は、3ヶ月後でも相続放棄出来ることが多い

相当な理由とは、被相続人の負債を知らなかった場合などが該当します。

例えば、相続発生から数年経過後に被相続人の借金の請求書が送られてきた場合、全く知らなかった借金があった場合などです。

このようなケースで相続放棄が一切認められないとしてしまうと、相続人の皆さんが多額の借金を背負うこととなります。

債務を支払えない場合には自己破産などの手段をしなければ生活が成り立たなくなってしまいます。

このような場合は、3ヶ月の期間経過後であっても相続放棄出来ることが多いと言われています。

債務を知ってから3か月以上放置するのは危険です

上記の相当な理由により3ヶ月経過後に相続放棄をする場合には注意しなければいけない点がございます。

このような場合には、借金の存在を知ってから3ヶ月経過前に相続放棄の申述をしなければならないということです。

請求書が届いているにも関わらず、それを放置してしまうことは大変危険です。

借金の存在を知っていながら、3ヶ月経過前に相続放棄の申述をしなかったということは相続放棄をする意思がない(単純承認)と裁判所に認定される可能性がございます。

3ヶ月経過後の相続放棄は手続きが難しい

以上のように3ヶ月を経過した相続放棄はあくまでも例外であります。

3ヶ月経過後の相続放棄は通常の場合よりも提出書類が増え、相続放棄が大変です。

そのため、弁護士・司法書士事務所において3ヶ月経過後の相続放棄は「通常の相続放棄」よりも報酬が少し高く設定していることが一般的です。

相続放棄は一度失敗してしまうと、再度やり直しということはできません。
ですので、自分で相続放棄するか専門家に任せるか慎重な判断が必要です。

以上が、3ヶ月経過後の相続放棄についての解説です。

【3ヶ月経過後の相続放棄:まとめ】
・基本的には相続放棄は3か月以内
・その後に被相続人の債務が判明したとき等は、3ヶ月経過後であっても相続放棄できるケースが多い
・あくまでも例外なので、3ヶ月経過後の相続放棄は手続きが複雑になる


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ