スポンサーリンク


相続放棄とは?

相続が発生した場合、必ず相続をしなければならないわけではありません。

相続をしたくないという相続人の方向けに「相続放棄」という制度があります。

このページでは、相続放棄について解説いたします。

相続放棄とは

相続放棄とは、文字通り相続を放棄する手続きのことです。

相続放棄することにより、はじめから相続人でなかったことになります。
(相続人から外れるので、相続しなくなる)

では、どういった場合に相続放棄手続きをした方がよいのでしょうか?

相続放棄が有効なケース

相続放棄がされる場合は主に2つの場合です。

1.被相続人の遺産のうち、財産より負債(借金)の方が多いとき

2.相続トラブルに巻き込まれたくないとき

【相続放棄をすると良いケース1】

被相続人の遺産のうち負債の方が多いとき。

相続放棄をしなかった場合、被相続人の遺産は全て相続人に承継されます。
遺産は財産のみならず債務も含まれます。

被相続人が多額の借金をしていた場合、相続人が借金を相続してしまうと生活が成り立たなくなってしまいます。

このような場合に、相続放棄を利用すれば債務を相続しなくて済むのです。
そのため、借金が多い時には相続放棄を利用した方が良いでしょう。

【相続放棄手続きをすると良いケース2】

相続トラブルに巻き込まれたくないとき。

相続放棄をすれば、亡くなった方(被相続人)の相続人ではなくなります。
相続放棄をした人は、初めから相続人でなかったことになります。

その結果、財産・借金その他一切の権利関係を相続することはありません。

相続が発生すると、相続人同士で話し合い(遺産分割協議)をして相続方法を決めていくのが一般的です。

この話し合いがまとまらないと相続トラブルになってしまいます。

相続放棄をした人は、相続人でなくなるため相続人間での遺産相続の話し合いに参加する必要はありません。

そのため、相続人の間の仲が悪く、トラブルに発展しそうなときなどは相続放棄を利用すると相続トラブルに巻き込まれることを回避することができます。

相続放棄の判断は慎重に

ただ、相続放棄をすると財産を相続することが出来なくなってしまいます。

また、一度相続放棄手続きをすると、その撤回はできません。

そのため、相続放棄するかの判断に当たっては十分に考え慎重に判断して下さい。

また、「単純承認」に該当する行為をされますと、相続放棄ができなくなってしまいますので、注意が必要です。(財産の処分など)
≪法定単純承認(相続放棄できなくなる)についての解説はこちら≫

以上が相続放棄の概要です。

なお、相続放棄と似た制度として「遺産分割協議における相続分の放棄」というものがあります。
≪遺産分割協議における相続分の放棄についての解説はこちら≫

【相続放棄のまとめ】
・相続放棄は相続に関する一切を放棄する手続き
・借金がある、相続トラブルに巻き込まれたくない時は相続放棄が有効


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ