スポンサーリンク

相続放棄と限定承認の違いとは?

相続が発生した場合、単純承認(全遺産を相続)することが多いです。
ただし、その他に「相続放棄・限定承認」といった方法も存在します。

相続放棄と限定承認について簡単に説明すると、

・相続放棄=一切の相続財産を放棄する(相続しない)こと
・限定承認=相続によって得た財産の範囲内で故人の借金を支払うという条件付相続

となります。

言葉にすると上記のようになるのですが、実際どういった違いがあるのでしょうか?

相続放棄と限定承認は一度すると撤回ができなくなるため、相続放棄・限定承認の相違点を理解し、慎重に判断することが必要です。

このページでは相続放棄と限定承認の違いについて解説いたします。

相続放棄・限定承認の違い:利用される場面の違い

相続事例に応じて「相続放棄・限定承認」は使い分けされています。
そのため、相続放棄と限定承認とでは利用される場面が異なります。

以下、詳細を解説いたします。

明らかに借金(債務)>資産(財産)のとき:相続放棄

被相続人の遺産のうち確実に借金の方が多い時には相続放棄を利用する方が良いでしょう。

借金が明らかに多い場合には、相続放棄をして借金から逃れたほうが賢明です。

この場合には、限定承認は向きません。
なぜなら、限定承認しても資産より負債の方が多いことが明らかなので、プラスの財産を手元に残すことができないからです。

資産(財産)と借金(債務)どちらが多いか不明のとき:限定承認

被相続人の遺産のうち資産が多いのか借金が多いのか不明な時には限定承認をする方が良いと言えます。

調査の結果、莫大な借金があっても限定承認をしていれば相続人の生活が破たんする心配もありません。
相続したプラス財産の範囲で借金の支払いをすれば足りるからです。

また、資産(プラスの財産)の方が多かった場合、限定承認は手元に財産を残すことができます。

相続放棄ではプラスの財産を残せない

故人の遺産のうち「財産>借金」の場合、限定承認は相続人の手元に財産を残すことが可能です。
(「資産-借金」の差額を取得できる。)

反対に、相続放棄の場合は手元に財産を残すことはできません。
相続放棄により、一切の権利義務を放棄しているためです。

相続放棄と限定承認:手続き上の違いについて

また、「相続放棄・限定承認」は手続き上でも相違点があります。

同じ点:3か月の熟慮期間内に家庭裁判所へ申述

相続放棄・限定承認ともに期間制限が定められています。
これは「自己のために相続が発生したことを知ってから3か月以内」という制限です。

3か月以内(熟慮期間内)に家庭裁判所への申述が必要という点は「相続放棄・限定承認」ともに同じとなります。

以下、手続き上の相違点について解説いたします。

限定承認:相続人全員が揃って行う必要あり

限定承認の場合は相続人全員が限定承認をしなければなりません。

相続人の一部のみ限定承認するということは認められていないのです。

相続人が複数人いる場合には全員を説得したうえで共同で限定承認をする必要があります。

相続放棄:相続人のひとりから単独で可能

反対に相続放棄は相続人の一人が単独で行うことが可能です。
(他の相続人の意向は関係ない)

自分が相続放棄をしたいと思えば他の相続人と足並みを揃える必要はありません。
自分だけ相続放棄をすることができるという点が限定承認との違いです。

相続放棄:相続権が次順位者に移る可能性あり

また、相続放棄の場合には「相続権が次順位の相続人に移る可能性」があります。

血族相続人の順位は、

・子(第一順位)
・親(第二順位)
・兄弟姉妹(第三順位)

という順番になっています。

子の全員が相続放棄をした場合、相続権は親に移ります。
要するに借金の相続は親に回ってくるということなのです。

誰も借金を相続しないためには、第一順位から第三順位までの相続人が全て相続放棄する必要があります。

限定承認:相続権が次順位者に移ることはない

これに対し、限定承認の場合は相続権の移転は起こりません。

そもそも、限定承認は相続放棄をしているわけではありません。
そのため、相続人としての地位は失われません。

まとめ

ここまで相続放棄・限定承認の相違点とについて解説いたしました。
両制度の違いを理解いただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・普通に相続するほかに「相続放棄・限定承認」という選択肢がある
・明らかに「債務>資産」=相続放棄
・資産、債務どちらが多いのか不明=限定承認
・相続人の一人が単独で可能=相続放棄
・相続人全員で足並みをそろえる必要あり=限定承認


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ