スポンサーリンク


相続放棄と限定承認の違いとは?

まず前提知識として、相続放棄と限定承認について簡単に説明いたします。

・相続放棄とは、一切の相続財産を放棄する(相続しない)ことです。
・限定承認とは、相続によって得た財産の範囲内で被相続人の借金を支払うという条件付きの相続をすることです。


相続が発生した場合、一般的には単純承認と言って全遺産を相続することが多いです。
そのほかにも、相続放棄・限定承認といった方法がとられることもあります。

相続放棄と限定承認は一度すると撤回ができなくなるため、相続放棄・限定承認の相違点を理解し、慎重に判断することが必要です。

相続放棄と限定承認の違いについて紹介いたします。

相続放棄・限定承認の違い:利用される場面の違い

相続放棄と限定承認とでは、使われる場面が違います。

【明らかに借金(債務)>資産(財産)のとき:相続放棄】

被相続人の遺産のうち確実に借金の方が多い時には相続放棄をする方が良いでしょう。
なぜなら、限定承認しても資産より負債の方が多いことが明らかなので、プラスの財産を手元に残すことができないからです。

【資産(財産)と借金(債務)どちらが多いか不明のとき:限定承認】

被相続人の遺産のうち資産が多いのか借金が多いのか不明な時には限定承認をする方が良いと言えます。

もし、莫大な借金があっても相続する財産の範囲で支払いをすればよいので相続人の生活が破たんしてしまう心配もありません。

資産(プラスの財産)の方が多かった場合、限定承認は手元に財産を残すことができます。
相続放棄は限定承認と違い、手元に財産を残すことはできません。

相続放棄と限定承認:手続き上の違いについて

相続放棄と限定承認の違いは手続き上でもございます。

3か月以内(熟慮期間内)に家庭裁判所へ相続放棄・限定承認の申述をしなければならないという点は同じです。

限定承認は相続人全員が揃って:相続放棄は単独で可能

限定承認の場合は相続人全員が限定承認をしなければなりません。

相続人の一部のみ限定承認するということは認められていないのです。

反対に相続放棄は単独でもすることが可能です。

自分が相続放棄をしたいと思えば他の相続人と足並みを揃える必要は無く自分だけ相続放棄をすることができるという点が限定承認との違いです。

相続放棄の場合は、相続権が次順位の相続人に移る可能性あり

また、相続放棄をすると相続権が次順位の相続人に移るという点があります。

相続人の順位は子(第一順位)・親(第二順位)・兄弟姉妹(第三順位)という規定になっています。

子が相続放棄をした場合、相続権は親に移ります。要するに借金の相続は親に回ってくるということなのです。

誰も借金を相続しないためには、第一順位から第三順位までの相続人が全て相続放棄する必要があります。

限定承認の場合は、相続放棄と違い相続権の移転はありません。

(※そもそも、限定承認は相続放棄をしているわけではありませんので、相続人としての地位は失うことはなく、相続人であり続けるからです。)

次順位以降の相続人に迷惑を掛けたくないといったときに限定承認を利用される方もいらっしゃいます。

以上が主な相続放棄・限定承認の違いとなります。
両制度の違いを理解し、慎重に判断することが必要です。

【相続放棄と限定承認について:まとめ】
・普通に相続するほかに「相続放棄」・「限定承認」という手段がある。
・明らかに「債務>資産」=相続放棄
・資産・債務どちらが多いのか不明=限定承認


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ