スポンサーリンク


相続放棄の必要書類とは

相続放棄というのは家庭裁判所へ相続放棄の申述をし、認められて初めて相続放棄としての効力が発生します。

そのため、相続放棄をすると決めたら相続放棄を申し立てる準備が必要です。

家庭裁判所へ相続放棄の申立てをするにあたっては準備しなければならない相続放棄の必要書類がございます。

こちらは、どの相続人(配偶者や子)が相続放棄をするかによって必要書類が変わってきますので注意が必要です。

このページでは、相続放棄の必要書類についてご紹介いたします。

相続放棄の必要書類を紹介します

【全ての相続放棄のケースに必要な書類】

1.相続放棄申述書
※相続放棄申述書のひな形は裁判所のHPでダウンロードが可能です。

2.被相続人の住民票の除票又は戸籍の附票

3.申述人(相続放棄をする人)の戸籍謄本

以上の3つは、誰が相続放棄する場合であっても必要書類となります。

誰が相続放棄をするかによって必要書類が少々異なります

配偶者や子(第1順位の相続人)が相続放棄をする場合の必要書類

1.被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本

親(第2順位の相続人)が相続放棄をする場合の必要書類

1.被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本

2.被相続人の子が既に死亡している時は、子の出生から死亡までの戸籍謄本

※第2順位の相続人は、第1順位の相続人がいないことで相続の順番が回ってきます。

そのため、第1順位の相続人がいないことを証明するため全ての戸籍謄本を揃える必要があるのです。

兄弟姉妹(第3順位の相続人)が相続放棄する場合の必要書類

1.被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本

2.被相続人の子が既に死亡している時は、子の出生から死亡までの戸籍謄本

3.親(第2順位)の死亡の記載のある戸籍謄本

※第3順位の相続人は第1順位、第2順位の相続人がいないことで相続の順番が回ってきます。

そのため、先順位の相続人がいないことを証明するために多くの戸籍謄本が必要書類となります。

複数人が同じ戸籍に入っているときは、1通のみ取得すればOK!

最後に戸籍についての注意事項をお知らせいたします。

ご主人様がお亡くなりになり奥様が相続放棄をされる場合、2人は同じ戸籍に入っています。

ご主人様の戸籍を取得すれば、奥様の戸籍も一緒に取得できるということです。

このように複数人が同じ戸籍に記載されている場合、戸籍は1通のみで大丈夫です。

ご主人様の分・奥様の分と別々に2通準備する必要は無いということです。

以上が相続放棄の必要書類にについての解説です。

【相続放棄の必要書類:まとめ】
・相続放棄には必要書類が決まっている。
・誰が相続放棄するかによって必要書類が異なるので事前に確認が必要です


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ