スポンサーリンク

知らないと大変!相続放棄の期限とは?

相続放棄は、遺産のうち財産より借金の方が多い場合に大変有効です。
(=借金を相続しなくて済むため)

ただ、相続放棄はいつでもできるというわけではありません。
相続放棄には期限があるのです。

このページでは、相続放棄の期限について解説します。

相続放棄に期限がある理由:経緯

なぜ、相続放棄には期限が定められているのでしょうか?
まず、相続放棄に期限の定めがある理由について説明いたします。

相続放棄に期限がない→いつまでも権利関係が安定しない

自分が「故人」にお金を貸していた場合について考えてみましょう。

相続人が期限なく相続放棄ができるとしてしまうと、債権者からすると困ってしまいます。

・確定した債務者が決まらない
→支払いを受けた後に相続放棄され返金を求められるリスクあり

このような事態を防ぐために、債権者の観点から早期の権利確定が求められています。
そのため、相続放棄には期限があるのです。

相続放棄の期限とは

ここから、相続放棄の期限について解説いたします。

・自己のために相続が開始したことを知ってから3ケ月

というのが、相続放棄の期限になります。

自己のために相続が発生したことを知ってから

「自己のために相続が発生したことを知ってから3か月の期間内」というのは、大変わかりづらい表現ですね。

わかりやすく言うと

・相続が発生し
・自分が相続人であると認識したときから3か月

が相続放棄の期限となります。

「相続発生時・相続放棄の期限のスタート地点」は違うこともある

「相続が発生し、自分が相続人であると認識したとき」が、相続放棄の期限のスタート地点です。

そのため、

・相続発生時
・相続放棄の期限のスタート地点

の両者が必ずしも一致するわけではありません。

以下、「相続発生時・相続放棄期限のスタート」のズレが生じる具体例を紹介します。

具体例:両者の時期にズレが生じるケース

故人の第一順位の相続人全員(被相続人の子、孫)が相続放棄した場合を想定してください。
この場合は、第二順位(被相続人の親、祖父母)が相続人となります。

第二順位の人物が「先順位者の相続放棄を知らない場合」が考えられます。
この場合は、実際に相続人にはなっていても「自己が相続人であることを認識していない」段階です。

自分が相続人であると認識していない場合には、まだ相続放棄の期限は始まっていないこととなります。
したがって、

・相続発生時
・相続放棄の期限のスタート地点

にズレが生じます。

相続発生時が期限の起算点ではありませんので、仮に被相続人の死亡から3ケ月以上期間が経過している場合でも相続放棄はOKです。

相続放棄は3ヶ月の期限内に家庭裁判所への申述が必要です

相続放棄は家庭裁判所へ放棄の旨を申述することが必要となります。

この3か月の期間を相続放棄の熟慮期間といいます。
相続放棄は熟慮期間内に家庭裁判所へ申述しなければなりません。

何もしていない状態で3か月が経過すると「単純承認」といって、以降相続放棄ができなくなってしまいます。
なお、相続放棄は一度失敗してしまうと3か月の期間内であってもやり直しができません。

例外:3ヶ月の期限を過ぎても相続放棄出来ることがあります

ただ、この3ケ月という期期限は原則的な取扱いであり、例外もございます。

例えば、期間経過後に被相続人が多額の借金をしていたことが判明した場合を考えてみましょう。

期限経過後だから相続放棄が出来ないとしてしまうと相続人の生活が成り立たなくなってしまいます。

このようなケースでは、相続人は相続放棄の期間を超えている場合であっても、相続放棄できる場合が多いと言われています。

このように、個別の事案に応じて期間経過後であっても相続放棄が受理される場合が多くございます。
≪3ヶ月経過後の相続放棄についての解説はこちら≫

まとめ

ここまで相続放棄の期限についての解説いたしました。
相続放棄は期限のある手続であるということをご理解いただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・相続放棄には3ヶ月の期限がある
・期限内に家庭裁判所に相続放棄の申述が必要
・例外的に3ヶ月の期限経過後でも相続放棄できるケースもある


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ