スポンサーリンク


相続放棄の期間延長(伸長)とは?

相続放棄には熟慮期間(相続が発生し、自分が相続人であることを知ってから3か月)という期間が定められております。

そのため、相続開始後3か月という期間内に相続放棄の申立を家庭裁判所にしなければなりません。

しかし、3か月の期間内に相続放棄をするのかどうかを決定することが難しいケースもございます。

そのような時には、【相続放棄の期間延長】をすることで相続放棄の期間を延長することができます。

このページでは、相続放棄の期間延長(伸長)について解説いたします。

相続放棄の期間延長が認められるケースとは

まず、どのような場合に相続放棄の期間延長が認められるのでしょうか。

相続人の皆様は相続発生後、「相続する」、「相続放棄する」の選択をしなければなりません。

その際には、被相続人の財産状況の調査をしたうえで決定をすることとなります。(被相続人の資産・負債を調べることとなります。)

財産が複雑で全ての遺産を把握するのに時間がかかってしまう場合や、被相続人とは疎遠であったため財産・負債の調査が思うように進まない場合などが考えられます。

このようなケースでは、十分な判断材料がないため、期間延長をしないと相続人の方々は最適な判断ができません。

そのため、家庭裁判所へ申立てることにより相続放棄の熟慮期間(3か月の期間)を延長することができます。

相続放棄の期間延長が認められれば、延長された期間内に財産の調査をして相続放棄するのかどうか決定すればいいということです。

相続放棄の期間延長は3ヶ月以内に家庭裁判所へ申立てが必要

この相続放棄の期間延長は、家庭裁判所に期間延長の申立をし、期間延長が認められることが必要です。

なお、相続放棄の期間延長の申立は3カ月以内(通常の相続放棄の期間)に申立てなければなりませんので注意が必要です。

※期間延長の申立は、被相続人の住所地の家庭裁判所にする必要があります。

また、相続人が複数いる場合、各相続人が相続放棄の期間延長をしないといけないということも気を付けるべきポイントです。

具体例:相続人が妻と子の2人の時、2人とも相続放棄の期間延長の申立をしないといけないということです。

以上が、相続放棄の期間延長に関する解説です。

【相続放棄の期間延長(伸長)について:まとめ】
・相続放棄の熟慮期間(3ヶ月)の期間延長ができる場合がある
・相続放棄の期間延長は3ヶ月以内に家庭裁判所へ申立てが必要


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ