スポンサーリンク


相続放棄のメリット・デメリットとは?

被相続人に相続が発生したとき、相続するのか、相続放棄をするのか選択しなければなりません。

相続放棄をするかどうかの選択は一度しかできません。

一度相続すれば、相続放棄はできなくなります。また、相続放棄をすると財産の相続をすることができなくなってしまいます。

そのため、相続放棄のメリット・デメリット両面を考え、慎重に考える必要があります。

このページでは、相続放棄のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

相続放棄のメリットについて

【相続放棄のメリット1】
借金を相続しなくてもいい。

相続放棄を利用される方の多くは借金を相続しないためという理由です。

相続放棄をすれば、はじめから相続人ではなかったことになります。

その結果、借金を相続する必要はありません。これは相続放棄の大きなメリットです。

【相続放棄のメリット2】
他の相続人と関わる必要がない。=相続トラブルに巻き込まれない。

相続人の間(兄弟姉妹間)で仲が悪い、確実に相続でトラブルになりそうな時に相続放棄を利用する方がいます。

相続放棄をすることによって相続トラブルに巻き込まれることを回避できるというメリットがあります。

また、面識のない相続人がいて関わりたくない場合にも相続放棄をするメリットがございます。

相続放棄のデメリットについて

【相続放棄のデメリット1】
財産を相続できなくなる。

相続放棄をすると借金を相続しなくてよい反面、プラスの財産(資産)に関しても相続する権利を失うというデメリットがございます。

また、相続放棄は一度すると撤回はできません。

相続放棄後に大きな資産が発見された場合などは相続することができなくなります。

【相続放棄のデメリット2】
次順位の相続人に相続権が移る。

相続放棄をすると相続権が次順位の相続人に移るというデメリットがあります。

被相続人の子(第一順位)が相続放棄した場合、被相続人の親(第二順位)に相続権が移ります。

このことを知らせておかないと、借金の請求が親に行ってしまい、親族間で揉めることがございます。

相続放棄をしたときは、次順位の相続人にその旨を伝えておくのが良いでしょう。

誰も相続に関わりたくないのであれば、第一順位から第三順位までの相続人全員が相続放棄する必要がございます。

以上が相続放棄のメリットとデメリットについての解説です。

相続放棄は一度すると撤回ができないためメリット・デメリットを考慮し慎重に選択をしてください。

【相続放棄のメリット・デメリット:まとめ】
・相続放棄は借金を相続しない反面、財産も相続できない。
・相続トラブルの回避にも相続放棄は有効。
・相続放棄は撤回できないのでメリット・デメリットを考え慎重な判断が必要。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ