スポンサーリンク


相続放棄と遺産分割協議での相続分放棄の違いとは?

(前提知識)
相続放棄:一切の財産・負債の相続を放棄すること
遺産分割協議での相続分の放棄:遺産分割協議において自分が相続しないこと


相続放棄の話になると、「遺産分割協議における相続分の放棄」のことをイメージされる方が多くいます。

遺産分割協議における相続分の放棄とは、遺産分割協議において「自分が相続しないこと」を意味します。

被相続人の財産を相続しないという点では「相続放棄」と「遺産分割における相続分の放棄」は同じなのですが制度としては全く異なるものになります。

このページでは、相続放棄と遺産分割協議における相続分の放棄について解説いたします。

相続放棄とは

まず、相続放棄についての前提知識をおさらいします。
相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったことになりますので、被相続人のいかなる財産・負債も相続することはありません。

また、原則3ケ月以内という期間制限があります。また、相続放棄をすると原則撤回はできません。

遺産分割協議における相続分の放棄とは

これに対して、遺産分割協議における相続分の放棄はどうでしょう。

遺産分割協議において、自分は相続しない(相続分の放棄)という決定をしているに過ぎません。

ですので、相続分の放棄の場合は、当該相続人は相続人の身分を失いません。(相続放棄=相続人の身分を失う)

この点が相続放棄との最も大きな違いと言えるでしょう。

被相続人に債務があるときは要注意!

「相続放棄・遺産分割協議における相続分の放棄」は、プラスの財産を相続しないという点において全く同じです。

しかし、被相続人に負債があった場合には注意が必要です。

【債務があるとき:遺産分割協議における相続分の放棄】
相続人がB・C・Dといる遺産分割協議において一切の負債を相続人Bが相続するという決定をしたとしても、それを債権者に主張することはできないのです。

わかりやすく言うと、遺産分割協議の結果で相続分の放棄をしていても、C・Dも債権者(銀行)から支払を求められた場合には相続分に応じて支払いが必要ということです。

これは、仮に遺産分割協議において資力に乏しいBさんが全負債を相続すると決定し、その後Bさんが自己破産をしてしまうと債権者(銀行)の利益を著しく害するからです。

【債務があるとき:相続放棄】
なお、この場合にC・Dさんが相続分の放棄ではなく「相続放棄」をしていれば債権者からの支払いの催告に応じる必要はありません。

なぜなら、相続放棄をしたことによりはじめから相続人ではなくなるからです。

相続放棄・遺産分割協議における相続分の放棄の判断基準は債務の有無

両制度の使い分けの方法は、負債があるかどうかが一つの判断基準となります。

相続放棄は裁判所に対する専門的な手続きなので司法書士や弁護士などの費用が発生してしまいます。

反対に遺産分割協議における相続分の放棄は、ほとんど費用がかかりません。

両制度の特性を見極めて、自分にとって一番良い方法を取ることが大切です。

以上が、相続放棄・相続分の放棄についての解説です。

【相続放棄と遺産分割協議における相続分の放棄の違い:まとめ】
・相続放棄と遺産分割協議における相続分の放棄=財産を相続しないという点は同じ
・遺産分割協議における相続分の放棄=債務の支払いする義務は承継する
・相続放棄=一切の債務を相続しない


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ