スポンサーリンク


相続関係説明図(代襲相続)の書式、書き方

代襲相続とは、相続発生以前に相続人になるべき人が死亡している場合等の相続のことです。代襲相続の例:被相続人の死亡前に子が死亡しているときなど

代襲相続のときは、被相続人の孫などが代襲して相続することになります。

相続登記には相続関係説明図が必要!

不動産の相続手続きのときには相続関係説明図という相続関係を説明する図を作成することが必要です。

代襲相続のときは、代襲相続特有の相続関係説明図を作成する必要があります。

相続関係説明図(代襲相続)の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続関係説明図(代襲相続)の書式・書き方について

代襲相続の事例
祖父が死亡し長女が祖父の相続発生前に死亡しているケース

【相続人が配偶者・孫の場合の相続関係説明図(代襲相続)の書き方・書式】

相続関係説明図(代襲相続)

相続関係説明図(代襲相続)の書き方・書式

以上が相続関係説明図(代襲相続)の書き方・書式となります。

相続関係説明図(代襲相続)の作成方法

上記の相続関係説明図(代襲相続)では、本来であれば祖父の相続人となるべき長女が祖父より前に死亡しています。その結果、代襲相続が発生し、孫が代襲相続をしています。

代襲相続の時の相続関係説明図は、代襲相続があったこと(長女の死亡・孫がいること)が分かるように相続関係説明図の作成が必要です。

相続関係説明図では、関係性が分かるように線で関係性を表現します。
そして、相続関係説明図の末尾に戸籍を還付する旨の文言が必要です。

相続をする人(遺産を承継する人)には、名前のところに相続と記載します。
相続しない人の名前のとなりには(分割)と関係説明図に記載してください。

ご自身で相続関係説明図(代襲相続)を作成される場合に書式・書き方お役立てください。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ